田中みな実、いとうあさこへのホロ酔いキスに見る「自信ない」「病み」発言の欺瞞


 羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな有名人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます

<今回の有名人>
「やらない、やらない」田中みな実
『ボクらの時代』(フジテレビ系、12月23日)

12月22日放送の『人生最高レストラン』(TBS系)は、「クリスマス妄想女子スペシャル」と称して、ゲストのみちょぱとオアシズ・光浦靖子が、理想(妄想でも可)のクリスマスデートとディナーを紹介するという回だった。みちょぱは東京ドイツ村、光浦は石垣島でのデートが理想らしい。

みちょぱのディナーは、ラーメン、餃子、ソフトクリーム、焼肉と、クリスマスでなければ食べられないものではない。光浦も、おっぽー(豚肉を具材にした沖縄のおにぎり)や、現地でとれた魚を挙げていた。

クリスマス感よりも、2人が重視するのは、恋人からの言葉のようだ。みちょぱは、クリスマスデートの帰りに「来年はどうしようか?」という言葉が、最高のクリスマスプレゼントと話したが、MCのチュートリアル・徳井義実はその真意がわからない。光浦が「来年どうするってことは、来年も付き合っているという、その約束がうれしいじゃない」と解説してみせた。光浦は理想の展開として、プロポーズされるものの、束縛しない事実婚を提案し、その理由を「私はお笑い界のゴクミだよ」と説明する。「そんなやっちゃんが好き」と言って、光浦のややこしさを受け入れてくれる男性がいいと言っていた。

クリスマスデートでは、「彼氏に自分が喜ぶことを言ってほしい」という女性陣の思いは、徳井には響かなかったようで、「『ずっと一緒にいようね』っていう男、信用できひん」と話していた。彼が期待を持たせるようなことを言わないタイプゆえの発言かもしれないが、私も言葉ほどアテにならないものはないと思う派である。来年のクリスマスの話をしても、それは今そういう気分であるだけで、約束ではない。真に受けると、肩透かしを食らって余計なダメージを受ける可能性もあるので、話半分以下程度で受け止めておいた方が無難だろう。

「言葉を真に受けてはいけない」

これはテレビの世界にも、あてはまるのではないかと思う。バラエティ番組に出るとき、出演者はキャラを背負って登場し、そのキャラにふさわしい発言をして、好感度を上げていく。その際の意外な盲点とは、番組内での行動ではないだろうか。

発言と番組内での行動に違いがあるのが、フリーアナウンサー・田中みな実である。『ボクらの時代』(フジテレビ系)で、オアシズ・大久保佳代子、いとうあさことワインを飲みながら鼎談した。

「時々、朝起きると涙が止まらなくなることがある」と病んでる感を押し出した後、番組の共演者について「みなさん、面白いエピソードがあるのに、私はたいしたことがしゃべれない。エピソードがない」と結んだ。うじうじした自信のない美人というのは、男性には人気があるだろうし、何かと悩み多き若い女性にとっても、「こんなに恵まれている人も、自信がないんだ! 私も頑張ろう!」と励ましになるかもしれない。が、行動から判断すると「この人、本当に自信がないの?」と思わされる。

収録が終わり、大久保さんが去った後、まだセットの中に残るいとうと田中の様子を、カメラがとらえていた。ホロ酔いの田中は、いとうの顔に自分の頬をすりつけ、頬にキスをしたのだ。年上で、さほど親しいとも言えない先輩の体に触れたり、キスをするのは、「自分は嫌がられない存在である」という一種の自信から生まれているものではないか。また、いとうに「オトコにもやるだろう」と言われた田中は「やらない、やらない」と言いながら、いとうと腕を組んでいたが、その昔『ダウンタウンなう』(同)で、坂上忍に「収録後、みんなでちゃんぽん食べましょうと言いながら、腕をからめてくる。おっぱいが当たる」と暴露されていたこともある。番組によって発言やキャラは変わっても、行動は大して変わらないようだ。

あのタレントがテレビでこう言った、けしからんと炎上する時代だが、タレントはお金をもらっている立場上、“言わされている”可能性がないとは言い切れないし、目立つためにあえて言っているケースもあるだろう。テレビでは発言に目が行きがちだが、本心というものは、行動に隠されていると見ていいのかもしれない。

仁科友里(にしな・ゆり)
1974年生まれ、フリーライター。2006年、自身のOL体験を元にしたエッセイ『もさ子の女たるもの』(宙出版)でデビュー。現在は、芸能人にまつわるコラムを週刊誌などで執筆中。気になるタレントは小島慶子。著書に『間違いだらけの婚活にサヨナラ!』(主婦と生活社)『確実にモテる 世界一シンプルなホメる技術』(アスペクト)。
ブログ「もさ子の女たるもの

当記事はサイゾーウーマンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ