開頭手術中にギターを弾き続けたミュージシャン(南ア)<動画あり>

南アフリカ・ダーバンのInkosi Albert Luthuli中央病院で、非常に稀な手術が行われた。頭部切開で腫瘍を摘出することになった患者が、手術中にギターを弾いているのだ。米ドラマ『グレイズ・アナトミー 恋の解剖学』で似たような手術があったが、まるでそれを模倣したかのような手術だったと南アフリカメディア『IOL』などが取り上げている。

ムサ・マンジニさん(Musa Manzini)は、ジャズベーシストとして南アフリカで有名なミュージシャンだ。現在47歳でありながら2006年以降、2度の脳腫瘍を切除する手術を受けている。残念ながら再び腫瘍が見つかり切除手術をすることになったが、今回は覚醒下による開頭手術に踏み切ることとなった。この日のため、脳神経外科を専門とするバジル・エニッカー医師とローヘン・ハリシャンドパーサッド医師率いるチームが結成された。

エニッカー医師によると、覚醒下開頭手術は言語・運動などに関わる「機能領域」に近接する部位で行われるとのこと。万が一この部分にダメージを受けると、麻痺が起きたり、感覚または話すことに問題が生じてしまう。そこで摘出する部位に電気刺激を行いながら発話、運動の有無などで機能領域を把握し、摘出範囲を決定する。こうすることで脳に与えるダメージを最小限にしながら、できる限りの腫瘍を摘出することが可能になるというのだ。

マンジニさんは、何種類もの楽器を演奏できる受賞歴のある音楽家であり、大学では音楽講師としても勤めている。そのため、運動機能や指先の細やかな動きを失わないようにすることは非常に重要である。執刀チームが通常の全身麻酔ではなくこのような開頭手術を行うことに決めたのは、音楽家としてのマンジニさんのキャリアを考慮したからだと、医師は語っている。

6時間もの緊迫した大手術の間、マンジニさんはゆっくりとギターを弾いていた。術後、マンジニさんは「自分のために多くの専門医が集結してくれた。南アフリカの医療が世界レベルに匹敵すると披露できたことは非常に重要である」と述べている。覚醒下開頭手術は総合医療チームが必要となることから、世界でも有数の脳神経外科医のいる場所でしか行うことができない。「優れた医師のチームを集めることができたのは非常に幸運なことであった」と病院側も満足気である。

現在、マンジニさんの容態は良好で順調に回復しており、再びステージに立てる日が待ち遠しいとのことだ。

画像は『IOL 2018年12月20日付「SA jazz musician stays awake during brain surgery」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 FLYNN)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ