仮面ライダー初の演劇化!舞台『仮面ライダー斬月』-鎧武外伝-2019年3月上演決定 主演は久保田悠来

ガジェット通信



平成仮面ライダーシリーズ初の演劇作品化が決定! 作品は、平成仮面ライダーシリーズ第15作として、2013年10月~2014年9月に放送され、今なお圧倒的な人気を誇る『仮面ライダー鎧武/ガイム』に登場した仮面ライダー斬月を主役とする舞台『仮面ライダー斬月』 -鎧武外伝-


仮面ライダー斬月とは:

『仮面ライダー鎧武/ガイム』TVシリーズの舞台である“沢芽市”を再開発した、巨大企業ユグドラシル・コーポレーション。その研究部門のリーダーである呉島貴虎(くれしまたかとら)が変身するのが仮面ライダー斬月(ざんげつ)である。メロンの鎧をまとった純白のライダー。「子供」である鎧武たちに対し「大人」として立ちふさがり、目的のためには手段を選ばない冷酷なリアリスト。仮面ライダー龍玄(りゅうげん)に変身する弟、光実(みつざね)にはつい甘くなりがちで目が曇る。




TVシリーズから仮面ライダー斬月・呉島貴虎を演じる久保田悠来さんが、舞台版でも同役で主演を務め、これまで描かれていない新たなオリジナルストーリーで、人間ドラマを深く描きます。脚本・演出を担当するのはTVシリーズの脚本も手掛けた毛利亘宏氏(少年社中)。そしてシリーズ原案・監修には虚淵玄氏(ニトロプラス)、脚本協力に鋼屋ジン氏(ニトロプラス)と、『仮面ライダー鎧武/ガイム』をつくりあげたスタッフが揃い、新たな「鎧武外伝」を演劇作品として描きます。

舞台『仮面ライダー斬月』 -鎧武外伝-は2019年3月に東京と京都で上演予定。


<久保田悠来さんプロフィール>

2002年より活動。2007年に舞台デビューして以降、ミュージカル『テニスの王子様』跡部景吾役など、数々の舞台作品で主要な役を演じる。一方で、映像作品にも多数出演し、2013年10月に放送開始した『仮面ライダー鎧武/ガイム』の仮面ライダー斬月・呉島貴虎役をはじめ、映画『新宿スワン』シリーズ、『Mr.マックスマン』シリーズなど、多岐にわたる役どころを個性的に演じ、好評を得ている。

特技とする殺陣・アクションの評価が非常に高く、特撮作品にも多く出演しており、2017年2月より放送の『宇宙戦隊キュウレンジャー』で演じた、サソリオレンジ/スティンガーの兄、スコルピオ役は記憶に新しい。

近年の出演作は、TVドラマ『モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―』、舞台『八王子ゾンビーズ』など。




【公演概要】

タイトル 舞台『仮面ライダー斬月』 -鎧武外伝-

主演 久保田悠来

日程・場所 2019年3月 東京・京都

原作 石ノ森章太郎

脚本・演出 毛利亘宏(少年社中)

シリーズ原案・監修 虚淵玄(ニトロプラス)

脚本協力 鋼屋ジン(ニトロプラス)

主催 東映 ニトロプラス ネルケプランニング

公演情報

https://www.nelke.co.jp/stage/zangetsu/

公式Twitter @stage_zangetsu


(C)石森プロ・東映

(C)舞台『仮面ライダー斬月』製作委員会

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

当記事はガジェット通信の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ