平成仮面ライダーシリーズ、初の演劇作品化決定

dwango.jp news


平成仮面ライダーシリーズ第15作として、2013年10月~2014年9月に放送され、今なお圧倒的な人気を誇る「仮面ライダー鎧武/ガイム」に登場した仮面ライダー斬月を主役とする、平成仮面ライダーシリーズ初の演劇作品化が決定した。

「仮面ライダー鎧武/ガイム」TVシリーズから仮面ライダー斬月・呉島貴虎を演じる久保田悠来が、舞台版でも同役で主演を務め、これまで描かれていない新たなオリジナルストーリーで、人間ドラマを深く描きます。脚本・演出を担当するのはTVシリーズの脚本も手掛けた毛利亘宏(少年社中)。

そしてシリーズ原案・監修には虚淵玄(ニトロプラス)、脚本協力に鋼屋ジン(ニトロプラス)と、「仮面ライダー鎧武/ガイム」をつくりあげたスタッフが揃い、新たな「鎧武外伝」を演劇作品として描く。平成仮面ライダーシリーズの新たな展開に期待したい。

【公演概要】
タイトル 舞台『仮面ライダー斬月』 -鎧武外伝主演 久保田悠来
日程・場所 2019年3月 東京・京都
原作 石ノ森章太郎
脚本・演出 毛利亘宏(少年社中)
シリーズ原案・監修 虚淵玄(ニトロプラス)
脚本協力 鋼屋ジン(ニトロプラス)
主催 東映 ニトロプラス ネルケプランニング

(C)石森プロ・東映
(C)舞台『仮面ライダー斬月』製作委員会

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ