アニメ聖地巡礼あるある25選!「聖地でシーンを再現」「行ってみたらバスが1日に数本しかない」

近年のアニメは実際にある場所を舞台とした作品が増えています。例えば2016年に公開されて空前の大ヒットとなったアニメ映画『君の名は。』。糸守湖は長野県の諏訪湖をイメージして描かれたそう。ラストシーンは東京・四谷の須賀神社が描かれ、瀧君のアルバイト先も新宿に実在する店がモデルになっているのです。

アニメ聖地巡礼にありがちなこと25選!

作品の舞台となった場所に訪問することを「聖地巡礼」と呼んでいます。最近は現実の世界を舞台とした作品が増えている影響か、旅行を兼ねて聖地巡礼を楽しむ女性が急増しているそう。

そこで、今回は聖地巡礼をしたときにありがちなことを「あるある」形式にまとめてみました。「えっ、聖地巡礼なんてしたことないけど……」という人もきっと共感できるはずです。

1. 聖地巡礼は旅行のついで?
「ついで」なのか、聖地巡礼自体が「目的」なのかは意見が別れるところでしょうか。聖地巡礼をしたことがある女性編集者は「行く聖地を決めたら温泉とグルメを徹底的に調べる」と話していました。

 

2. 写真の角度にはこだわる
せっかく撮影するなら作品の角度と同じにしたいですもの。スマホで開いたYouTubeや画像検索を頼りに写真撮影を繰り返します。

 

3. 聖地巡礼者は一目でわかる
目が合うと「同志よ!」という気持ちでそっと微笑みます。

 

4. その土地の人にじろじろ見られる
写真を撮るときに地元の人が通ると気まずくなっちゃいますよね。「○○というアニメで舞台になって……」なんて説明しても、作品の良さが伝わらないことも……。

 

5. 行き先をオタクではない友達に説明しづらい
中には「なんでそんなところに行ったの?」と言われてしまう土地もあるのでいろんな意味で言語化が難しいんや……。

 

6. 初めて来た場所なのに懐かしい
作品の中で何度も見ていた場所なので、思わず「ただいま」と言いたくなってしまいます。

 

7. 作品そのままの景色を眺めて感動の涙
自分も作品の一部になれたような気がして、胸が詰まってしまうことも。

 

8. 普通の旅行で偶然聖地に巡り合い大興奮
特に気にしていなかったのに「○○の舞台はここ!」という看板を見ると、作品に呼ばれているような気持ちになります。

 

9. 巡礼先が思ったよりも行きづらく心が折れそうになる
地方を舞台にしている場合、1日にバスが数本ということもよくある話です。特に女子旅で「バスがなくなって帰れなくなった!!」という状況は避けたいもの。

 

10. 外国人が聖地巡礼に来ているとものすごく嬉しい
自分と同じ作品を愛する人が世界中にいるという事実に感動。

 

11. いつかは海外の聖地巡礼に行ってみたい
お金はかかるけど、大好きな作品の舞台ならいつかは行ってみたいものですよね。

12. 作品が始まる前から聖地が特定されていると違和感
行政とのタイアップ作品も魅力的ではありますが……。逆に、聖地だと公表されていない「ここが聖地らしいよ?」的な聖地もあります。

 

13. 店員さんに「これと同じ物が食べたいのですが」とスマホを見せて注文
キャラクターが食べている物の名前がわからない時に使う技ですね。店員さんもそんな注文の仕方には慣れたものです。

 

14. 聖地巡礼と称してその土地で大騒ぎするのは絶許
そこに住んでいる人もいるのですから、節度ある行動を心がけましょう。

 

15. 聖地巡礼先に住んでいると得した気分になる
日常生活を送るだけで聖地巡礼ができるので、とってもお得。

 

16. せっかくの聖地巡礼なのにモデルのお店が休業
休業日については行く前に調べておくのがおすすめですね。

 

17. 聖地が1箇所に集中している作品だと嬉しい
モデルになった場所が日本中・世界中に散らばっている作品だと、行くのも大変なのです。

 

18. 行ったはいいが10分足らずで聖地を見終わってしまう
聖地に実際に足を運んで作品の世界に触れるということが大切なんですよね。

 

19. 聖地がなくなっている……つらい。
お店が聖地になっている場合、移転などでその場所がまったく別のものになってしまっていることも……。

20. いつか自分で聖地を発見してみたい
誰かが作ってくれたマップで巡礼するのも楽しいのですが、いつか自分でも聖地巡礼マップを作ってみたいのです。

 

21. 写真は絶対SNSにアップ
聖地巡礼の写真は有名作品であればあるほどいいねホイホイになるもの。やっぱり「いいね」がたくさんつくと嬉しいものですからね。

 

22. 好きな作品が巡礼先として廃れていくと悲しい
自分の好きな作品の舞台には、いつまでも聖地として盛り上がり続けて欲しいものです。

 

23. 聖地巡礼のし過ぎで金欠
愛する作品のためとはいえ、遠方への聖地巡礼はお金がかかります。

 

24. 家に帰ってから写真を見直して、ミスを発見してがっかり
作品と同じになるようにと撮ったのに、よく見ると角度がずれていたりすることも……。

 

25. 聖地でシーンを再現してみたくなる
一緒に行った友達とセリフを言ったり演技をしたりしてシーンを再現。友達もノリがいいと録画してみたりとか。

もう一度作品を見直すまでが聖地巡礼!

家に帰るまでが遠足とはよくいいますが、聖地巡礼に行っていろいろ楽しんだら、あとは家に帰ってもう一度作品をチェックし、「この場所行った!」「ここも!」と一人でニヤニヤと振り返るまでが聖地巡礼といえるのではないでしょうか。

聖地は調べてみると意外と身近な場所にあったりするもの。好きな映画やアニメの舞台を検索すると、聖地巡礼に興味のなかったあなたも足を運んでみたいと思えるかもしれません。

WRITER

  • 毬藻練子 (まりもねっこ)
  •        

  • 執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! 

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ