ライアン・レイノルズ、ヒュー・ジャックマンのドッキリにまんまとハマる

映画『デッドプール』シリーズで主役を演じ、キャラクターと同じように普段でも独特のユーモアで人気のライアン・レイノルズ(42)。そんな性格がイタズラの標的にピッタリだと思われたのか、ライアンがクリスマスパーティーで俳優ヒュー・ジャックマン(50)とジェイク・ギレンホール(38)に騙されたことを報告した。

ライアン・レイノルズは現地時間20日にクリスマスパーティーに招待されたが、どうやら思っていたパーティーとは違ったようである。真ん中にゴールドの大きなリボンのついた赤と緑のクリスマスカラーのセーターを着たライアンが無表情で立ち、ヒュー・ジャックマンとジェイク・ギレンホールが満面の笑みで喜んでいる写真をインスタグラムに公開。「こいつらはセーターのパーティーって言ったんだ」とライアンが言葉を添えた。欧米ではクリスマスシーズンにダサいセーターを着てパーティーをする「アグリー・セーター・パーティー」が人気で、ライアンだけがそのパーティーだと思って参加したようだ。ライアンは2枚目の写真でも不機嫌そうに棒立ちし、ヒューとジェイクが爆笑している。

この3人には、全員マーベル・コミックの映画に出演しているという共通点がある。ライアン・レイノルズはデッドプール役を、ヒュー・ジャックマンはウルヴァリン役を、そして、ジェイク・ギレンホールはミステリオ役を演じている。『デッドプール2』(2018年)でのケーブル役や『アベンジャーズ』シリーズでサノス役を演じるジョシュ・ブローリンは、この豪華な俳優陣が写る貴重な写真に「僕はまだ外でドアをノックしているよ」とコメントして参加した。

ライアン・レイノルズとヒュー・ジャックマンは普段からSNS上でふざけあっており、今年10月のライアンの誕生日にヒューはバスローブを着用してデッドプールの衣装を着用するライアンと抱き合っている写真をツイッターに公開、「僕は最も優しい男だって言われたけど、君は違うからね。ライアン・レイノルズ、僕にハグさせてあげるよ。これ一回きり。君の誕生日にね」と言葉を添え、ライアンが「彼はオーストラリア出身じゃないんだ。彼は(アメリカの)ミルウォーキー出身さ」と、ウルヴァリンに似た上半身裸のミルヴァリン(Milverine)と呼ばれる人物がミルウォーキーに時折出没するのとかけてジョークで返していた。

さらにヒュー・ジャックマンは現地時間18日、自身のコーヒー会社「Laughing Man Coffee Company」のカフェに訪れたライアン・レイノルズと妻で女優のブレイク・ライブリーの写真をインスタグラムで披露。店員のフリをするライアンと怒りを露わにする客のフリをしているブレイクが写っており、ヒューは「Laughing Man Coffeeの我々のポリシーはお客様をハッピーにすることです。怒り狂わせることではありません」と投稿していた。

ライアン、ヒュー、ジェイクら豪華俳優陣は私生活でとても仲が良いようだが、冗談好きのライアンがこれで終わることはなく、きっとリベンジの機会をうかがっているに違いない。

画像は『Ryan Reynolds 2018年12月20日付Instagram「These fucking assholes said it was a sweater party.」』『Hugh Jackman 2018年12月18日付Instagram「Our policy at @laughingmancoffee is to make customers happy」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 朝倉リリー)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ