有吉弘行「こっから抜けたい」芸人時代の心境を明かす

画像は「マツコ&有吉 かりそめ天国」番組ページより


12月19日放送の「マツコ&有吉 かりそめ天国」(テレビ朝日系)では、MCの有吉弘行が、過酷なロケに挑んでいた若手の頃「こっから抜けたい」と思っていたことや、売れっ子となった今の心境を語りマツコ・デラックスらを笑わせた。

タレントとしての地位を確立した有吉の現在とは


『芸能人はみんなトップを目指してる?』という話題の中、「芸能人の何がトップかよく分からない」という有吉に、マツコが「スターも生まれない構造じゃない?」とマツコ。

「確かに」という有吉に、マツコは「ねえ?タモリさん、たけしさん、さんまさんっていうところは、もう多分テレビにおいて無いんじゃない?」と語った。

そんな2人に、久保田直子アナが「このお仕事始めた時に『ここ目指そう』っていうのはあったんですか?」と尋ねる。

これに有吉は「そりゃあるけど、やっぱもっと手前ぐらいで叶ってんじゃない?『テレビ出たいな!』とかさ。それぐらいの目標だったと思うよ『テレビ出て飯食いてえな』ぐらいの感じだった」と答える。

続けて「やっぱギラギラしてる頃っていうのは、朝5時集合でロケバス乗って『どこ連れて行かれてんだ?』からは抜けたい!とかさ。『あーあ、また採石場かよ!』って。『はい!またセブンイレブンのパンツ履くんですね』って。こっから抜けたいなって思うヤツらはいっぱいいたけどね」と若手の頃を振り返った。

するとマツコが「全ジャンルの人やっぱり、テッペン目指してるのかな?」と問いかけると、有吉は「音楽の人が分かりやすいのは『1位』はあるからね。売上とかランキングとか」と言い「あとお笑いは今で言うと、コンテストとか漫才大賞みたいなやつあるじゃない?いっぱい」と答えた。

これにマツコが「数字が出る世界は分かりやすいかもね」と言うと、有吉は「もう僕らみたいな迷路に迷い込んだ芸人達は、どこ目指していいか分かんないよ。『この迷路からとにかく出たくない!』っていうそれだけだよ。つらいけど、ここから出たら終わりだもんね」とマツコを笑わせていた。

(めるも編集部)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ