ジョージ・ルーカス、アメリカで最も裕福なセレブ1位に

経済誌『Forbes』が2018年度アメリカで最も裕福なセレブを発表し、日本でもお馴染みの著名人がランクイン。映画『スター・ウォーズ』シリーズなどを手掛けたジョージ・ルーカス監督が1位に輝いた。

日本で「セレブ」というとお金持ち全員に使う傾向があるが、英語では「有名人」という意味である。『Forbes』は現地時間18日、有名人の合計資産をもとにアメリカで最も裕福なセレブのランキングトップ10を発表した。

■1位:ジョージ・ルーカス 54億ドル(約6073億円)

映画『スター・ウォーズ』シリーズの生みの親であるルーカス監督(74)が見事首位に輝いた。ルーカス監督は1977年に1作目『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』を公開し、世界中にジェダイという新たなヒーローと宇宙の冒険という夢を与えた。そんなルーカス監督は「ルーカスフィルム・プロダクション」を2012年に41億ドルでディズニーに売却した。

■2位:スティーヴン・スピルバーグ 37億ドル(約4161億円)

2位も映画の巨匠スピルバーグ監督(72)がランクイン。映画『ジョーズ』(1975年)、『E.T.』(1982年)、『インディ・ジョーンズ』シリーズ、『ジュラシック・パーク』シリーズなど世界中に愛される映画を作り出してきたスピルバーグ監督は、今も『インディ・ジョーンズ』の最新作に取り組むなど現役で活躍中だ。

■3位:オプラ・ウィンフリー 28億ドル(約3148億円)

日本ではあまりメディアの露出は少ないが、アメリカでは有名な大物司会者であるオプラ(64)。代表的なトーク番組『オプラ・ウィンフリー・ショー』は1986年から2011年まで続き、黒人で女性というマイノリティの立場でありながら大成功を収めており、国内での権力は絶大である。

■4位:マイケル・ジョーダン 17億ドル(約1911億円)

「バスケットボールの神様」であるマイケル(55)はシカゴ・ブルズを6度の優勝に導いたスポーツ界のスーパースターである。2010年にノースカロライナ州シャーロットを拠点とするNBAの「シャーロット・ホーネッツ(ボブキャッツ)」を買収しオーナーを務めており、その資産価値が上がっているほか、自身の名前をブランド名にしたシューズの売り上げが大きく貢献している。

■5位:カイリー・ジェンナー 9億ドル(約1012億円)

21歳という若さで、アメリカで最も裕福なセレブのリストにランクインすることになったティーンのカリスマのカイリー。姉たちとリアリティ番組『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』に出演して、幼い頃から有名になったカイリーはコスメブランド「カイリー・コスメティクス(Kylie Cosmetics)」をスタートさせて大成功を収めている。

■5位:ジェイ・Z 9億ドル

カイリーと同じく同率5位に選ばれたラッパーのジェイ・Z(49)。ジェイは歌手のビヨンセの夫としても知られ、高級シャンパンブランド「アルマン・ド・ブリニャック(Armand de Brignac)」とコニャックブランド「D’usse」の買収、エンターテインメント会社「Roc Nation」や音楽配信サービス「Tidal」の運営などにより、自身の音楽活動以外にも莫大な収入を得ている。

続いては、7位に8億7500万ドル(約984億円)でマジシャンのデヴィッド・カッパーフィールド(62)、8位に8億2500万ドル(約927億円)でラッパーの“ディディ”ことショーン・コムズ(49)、9位は8億ドル(約899億円)でプロゴルファーのタイガー・ウッズ(42)と作家のジェイムズ・パタースン(71)がランクインする結果に。トップ10に入ったこの10人の資産を合計すると187億ドル(2兆1030億円)になり、アイスランドの国内総生産(2兆6887億円)に匹敵する額になるという。

(TechinsightJapan編集部 朝倉リリー)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ