貯金が出来ない夢女子は脳をフルスロットルさせて彼氏(2次元)に貯金を頼みました

 

《限界夢女子のオタク生活 Vol.8》

 

貯金ができないオタクの方々ごきげんよう! ゆぱんだです。そんな私も仲間なので大丈夫!!!(大丈夫じゃない)

 

※記事のタイトルはもちろん、「限界夢女子の…」なんてタイトルもついているのでお察しかと思うのですが、今回もかなり夢女子脳全開の記事なので苦手な方はブラウザバックしてくださいね!

 

ソシャゲ(アプリなど)のガチャやグッズの販売など、色んな所で散財する人も多いかと思います。

 

そんな私、使うことはあまりないんですが、自分に甘々すぎて全然貯金ができないダメ女なのですが。(もうむりぽ)

 

いったいどれくらいのオタクの方々が貯金をしているのかという疑問も抱えつつ、少し前に全然貯金できてない!というアンケート結果を見たこともあります。

 

一般の友人たちは結婚やら将来に向けて貯金している……という、そんなお話だったような気がしますが。

 

そんな私も、親に「あんたもこの先何があるかわからんけん、貯金せやんよ」ということを言われるのですが、自分のお金なのでどうしても紐が緩くなるというか。

 

「今月ちょっと飛ばしすぎたけど、まあ最悪この貯金分からいくらか出しても問題ないか~アハハ」ということで貯金らしい貯金ができたことがないです。

 

オタクがお金を使う瞬間

 

 

さて、我々オタクは普通の人よりかなりお金の使い方が激しいとのことですが、その行く先がどこかというと、ほとんどはソシャゲ(アプリゲーム)への課金やグッズへの欲、または公式が投票券を付けたりシリアルコードを入れたりということで、CDを積む方も多いですね。

 

※積むとは…DVDやCDなどをたくさん買うこと

 

中にはCDを積んでもチケットが当たらない!ということもよく聞きます。それでもどうしても会いたいからさらにCDを積んでゆく。

 

ソシャゲに関しては、クレジットカードを登録できるというところから、ついつい「まあ課金してもいっか~」とポチってしまったり。

 

そして推しのガチャの時は「出るまで回す!!!」という人もよく見かけますし、その時のクレジットカードの明細を載せている方もたまに見ます。とんでもない額です。

 

頼む!せめて天井つけて!(吐血)と思います。

 

また、ガチャの課金以外でもオタクは散財しますね。グッズ類です。

 

缶バッジよりアクキーや紙系の方が好きだったりするんですが、やはり痛バッグ用ということで缶バッジをたくさん求めていらっしゃる方も多いです。

 

痛バッグの一面を全部トレーディングで手に入れた缶バッジの絵柄で埋める方もいますし、オタクの財力というのは半端ない。

 

トレーディング商品ってほんとに鬼畜ですよね。ガチャもなんですが、とにかく推しが来ない。(これ)

 

物欲センサー働きすぎでは?たまには休んでて良いんだよ。むしろずっと休んで!!!

 

日常生活でお金を使わせてしまう誘惑 ~私の場合~

 

 

いざ貯金・節約だ!とはいっても、光熱費とか食費とかスマホ代節約とか、そういうのを聞きたいんじゃないんだよなぁ……と思ったりします。

 

この記事を読んでいる方の中でもすでにもやし生活で食費を切り詰めてる方もいるでしょうし、スマホも格安のものに変えたという人もいると思います。

 

これは私の場合ですが、「なんですぐお金を使ってしまうんだ?それも貯金用の分まで!」を考えた時、やはり私は自分自身に甘すぎるという結論が出ました。

 

私の中の一番の天敵は「なんか食べたい~」という絶妙な空腹の時間です。コンビニという誘惑も多すぎる。なぜ都会はいいところにコンビニがあるのだろう。(駅前とか)

 

そしてこの“お金を使ってしまう”ということに対して、制御してくれるものが自分の中にはないわけです。

 

普段使う用と貯金を別にしていても、まあ最悪貯金用のを使うか~なんて悪魔が問いかけてしまう。

 

……あ、本来なら定期預金とかに入れるほうがいいと思いますよ。強制的に入れられるので。しかし何かあったらどうしようと思い、手放すことができなくて私は家に別で置いていたんですが(多分これが一番の原因)

 

そしてその“何か”も大したことじゃなくて、「あ、今月使いすぎてピンチ……」とかで引っ張り出されるのでやはり甘い。

 

他にも、コスメ系が好きなオタクの方も多いですし、使いきれないリップが増えすぎた!!という声も聞きます。でもかわいいからついつい買ってしまう。オタク以外のところでも散財したり。

 

ある日、貯金にはモチベーションも必要なのだということに気づいた

 

 

そんなある日、貯金は頑張っていたけど、その頑張るゴールとかやり甲斐が自分には見えないな~とぼんやり考えていたんです。

 

一般的な貯金のゴールは結婚資金や老後などのために貯めているみたいなんですが、そうは言ってもうまく想像できない。老後とかの緊迫感もない。

 

コツコツ貯金が出来る人は本当にコツコツやってらっしゃるんですが、貯金をしていく上で、貯金をするための“モチベーション”が自分にはない。

 

このモチベーションって結構重要なことなのでは?と思いました。

 

みなさんが課金したりグッズを買うことに対する行動力には“好きだから”という気持ちがあるのだと思います。義務感もあるかもしれません。

 

そしてそれが応援するためのモチベーションに繋がっていたりします。好きでなくなったら応援をしなくなりますし。

 

それは貯金も同じで、このモチベーションがなければ何度やっても続かないんじゃないかと思ったんです。

 

ということで、私は考えた。

 

貯金ができないなら彼氏(2次元)に貯金を託してしまえ

 

 

モチベーションももちろんですが、“自分のお金”という概念が私の財布の紐を緩めてしまうんですよね。

 

ということは、貯金しているお金を“彼氏のお金”ということにしてしまえば、今あるお金の中でなんとかやりくりするのでは?と。

 

そして私、彼氏の財布を買いました。夢女的にプレゼントしました。そこに毎月いくらかお金を入れていきます。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

載せてなかったらしいので載せ直しー!! プレゼントですからね!!ふはは!! #しづぴろぐ

ゆぱんだ❄さん(@upanda.life)がシェアした投稿 –

 

その財布に入っていると、“自分のお金”ではなくて“他人のお金”という意識が強くなるので、私は貯金分を使うことがなくなりました。

 

(貯金用ではなくても、推しが実際に使ってそうな財布を想像するのも楽しいですよね。長財布派なのか、二つ折り派なのか、それともクリップマネーを使いこなしているのかとか)

 

結局は貯まってきたお金は別の口座(定額預金とか)にあずけていくことになるんですが、貯金を続けていくためのモチベーションが私には必要だったので。

 

貯金ってマラソンみたいだなと思うんですよ。私が走るのが苦手だからそう思うのもありますが。

 

ゴールするまでの途中がしんどい、みたいな。その間の頑張るやる気が欲しい。じゃないと財布の紐を緩めてしまう。

 

ちなみにクリスマスやホワイトデー、または誕生日などの時期だけ許された、“彼氏からプレゼントをもらった”という体でそのお財布でアクセサリーを買ってもらうという夢女イベントを楽しんでいます。

 

たまにはアメも必要ですから!!(マラソンでいう給水ポイントみたいな)

 

 

※作品中、主人公に贈っていた品がどうやらこれっぽいんですけど(実際はもうちょっとお安いのかもしれないけど)、センスが良すぎる

 

そんな私ですが、先日、興味本位でとある姓名判断の相性占いをやったんですけど、

 

「もしもあなたが、お金を貯めることが不得意でしたら、お相手に家計の管理を任せてみるのも良いでしょう。結婚後は、月々の予算をしっかりと決め、無駄な出費を極力抑えていかなければ、生活が大変になりそうですので、注意してくださいね」

 

と書いてあったので、「あ、やっぱり私より彼氏に貯金を頼んだ方がいいな!!!(納得)」となったので私はこの貯金法で続行です。

 

私の場合は“自分のお金”という概念を取っ払うために彼氏の財布に入れていこう!ということで始めたのですが、占いでもある通り、“彼氏に毎月〇円の貯金を頼む”という方法をとるのもいいなと思いました。むしろその気持ちでやる方が続きそう。

 

他にも、一般的な貯金のゴールで結婚資金というのもあったので、限界夢女子は「彼氏との結婚資金を貯める!」でもいいと思います。とにかくゴールのためにコツコツ貯められない人は、貯金を続けるモチベーションを見つけるのが大事なのではないかと。

 

夢女じゃない人の貯金はどうするか……ということですが、オタクは推しを絡めることで貯金ができると思うので、お好きなやり方(ツイッターでも話題になっていた生活費を渡すとか月謝袋を使うとか)で続けていけばよいと思います。

 

ただ、推しが金持ちキャラはすみませんわかりません!! 国民納税みたいな感じでやるとか? シャンパンタワー用に別で貯金してくとか?(夜系のお店でやっているものはお値段100万円~とかだそうですね)ちょっと浮かばないです。すみません!!!

 

コツコツ貯金ができないタイプはモチベーションが必要なのかなと思うので、いろいろと試してみてください!

 

(執筆:ゆぱんだ ブログ『ゆぱんだらいふ』はこちら

※文中の画像はイメージです。

WRITER

  • ゆぱんだ
  •        

  • 夢小説サイトに育てられた天然モノの夢女子。夢思考持ちは熾月さんのみ。ブログやツイッターで好きに叫んでいます。ブログ:https://upanda.life/

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ