平均年齢74歳!『やすらぎの刻』いしだあゆみら7名の超大型“新人”出演

クランクイン!

2018/12/20 05:00

 2019年4月スタートのテレビ朝日開局60周年記念作品『やすらぎの刻~道』に、いしだあゆみ、大空眞弓、丘みつ子、笹野高史、ジェリー藤尾、松原智恵子、水野久美が新たにレギュラー出演することが明らかになった。

【写真】『やすらぎの刻~道』新キャストフォトギャラリー

脚本家・倉本聰が手掛け2017年に放送された帯ドラマ劇場『やすらぎの郷』の続編となる本作は、『やすらぎの郷』の主人公・菊村栄(石坂浩二)が執筆するシナリオ『道』の展開と共に、『やすらぎの郷』の“その後”も合わせて描く。物語の舞台となる『やすらぎの郷 La Strada』は、テレビの全盛期を支えた“テレビ人”だけが入居を許される老人ホーム。新たに出演が発表されたいしだ、大空、丘、笹野、ジェリー、松原、水野の7人は、この施設の“新規入居者”として仲間入りを果たす。なお、新キャストの平均年齢は74歳、最年少は70歳となっている。

いしだは桂木怜子の“妹分”的存在の元女優・中川玉子、大空はテレビ草創期の“よろめきドラマ”『鎌倉夫人』で大ブレークして“視聴率女王”の異名をとった大女優・桂木怜子、丘は明るく健康的なキャラクターでお茶の間の人気者だった元スター女優・香川さくらを演じる。笹野は大喜利番組で活躍した落語家・蒟蒻亭乙葉、ジェリーは“ハートの修”とよばれた元スター・辛坊修、松原はかつての大スターで“乃木坂テレビ”のワンマン専務の愛人だった九重めぐみ、水野は元人気女優の岸井さとみに扮する。

出演に際して、いしだは「『やすらぎの郷』は昨年、とても楽しく拝見させていただいておりました。今回、お仲間に入れていただけることになり、とてもうれしく、かつ緊張もしております。倉本先生の作品はいつも初心にかえってオーディションを受けるような気持ちで臨んでおりました。今回も初心にかえって心をこめて役柄に挑み、誠心誠意、頑張ってまいります」とコメント。

一方の笹野は「私は20代からおじいさんおばあさん役を演じておりますが、昨年、『やすらぎの郷』を拝見していて、なぜこのキャストに選ばれないのかと悔やんでおりました。『あぁ、私なんぞはまだこの作品に出演するには若いんだなぁ』『まだまだ修業が足りないんだなぁ』と思っておりました(笑)」と明かしている。

テレビ朝日開局60周年記念作品『やすらぎの刻~道』は、テレビ朝日系にて2019年4月スタート。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ