歴史に残るラブソングの生みの親! MONGOL800を名曲と共に徹底解剖!

UtaTen

2018/12/19 19:01

淡い青春時代に彩りを添える、名バンド。


ふと耳にした瞬間、青春の甘酸っぱさで胸がいっぱいになる……。

そんなタイムマシーンのような(!?)名ラブソングの生みの親、MONGOL800。

「小さな恋のうた」を聴きながら、好きな人を目で追ったというアラサー世代は少なくないはず。

しかし、そんな青春時代も気がつけば十数年前。今は甘酸っぱさもドキドキ感も程遠い大人です。

でも、MONGOL800はいまだ健在。この世にMONGOL800がいる限り、気持ちだけならいつだって青春時代に戻れます。

この機会にぜひもう一度MONGOL800を。そして現在青春真っ只中という若い世代は、今こそMONGOL800を。

そんな気持ちを込めて、まずはMONGOL800のプロフィールをご紹介します。

沖縄からの贈り物、MONGOL800。


MONGOL800(もんごるはっぴゃく)は、上江洌清作(Vo)、儀間崇(Gt)、高里悟(Ba)からなるスリーピースバンド。通称「モンパチ」です。

「モンゴル出身なの…?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、彼らは沖縄出身。

バンド名に深い意味はなく、ギターの儀間さんがなんとなく思いついた名前なんだそう。(笑)

注目のきっかけはCM


彼らの出世作といえば、2枚目のアルバムである「MESSAGE」。

インディーズ史上初のミリオンセラーを達成、オリコンチャートでも1位を獲得した名盤です。

しかし、上述のようなヒットは発売後7ヶ月も経ってからの話。

発売当初は沖縄でしか話題になっていませんでした。

ところが、収録曲の一つである「あなたに」がCMに起用されたことがきっかけで爆発的にヒット。一躍有名になったのです。

また、この「MESSAGE」というアルバムは、隠しトラックがあるということでも話題に。

14曲目「Dandelion」をずっと流していると、アルバム名でもある「MESSAGE」という楽曲を聞くことができます。

アルバムをお持ちの方はぜひ、試してみてくださいね!

とはいえ、今はもうCDで聴く時代じゃありませんよね……。(笑)

現在はライブやフェスを中心に活動中


有名になった当初から、あまりテレビには出演しなかったモンパチ。
「MESSAGE」がヒットした年は紅白歌合戦への出場依頼もあったそうですが、それも断ったというから驚きです。

とはいえ、彼らは露出を嫌っていたわけではありません。
ライブ活動を精力的に行なっていたのです!

そしてそのスタンスは、結成から20年経った今も変わらず。

ROCK IN JAPAN FESTIVALをはじめとする大型フェスへの出演はもちろん、What a Wonderful World!!というフェスを自ら主催しています。

さらに、2018年から2019年にかけてはツアーも決行!非常にパワフルに活動中です。

ライブでは定番曲が演奏されることが多く、昔ファンだったというアラサーが行っても楽しめるのがいいところ。

次の章ではそんな定番曲について解説いたします!

モンパチの名曲たちをCHECK☆


あなたに


まずは大ヒットのきっかけにもなった曲、「あなたに」。
洗剤のCMに起用されるほどの爽やかなメロディーと歌詞が魅力的な一曲です!

という冒頭部分。
聞いた瞬間ハッとしたのを今もよく覚えています。

ありますよね、イライラして当たってしまったりすること。

そんな時、そんな行為すら優しく受け入れられたりすると……
「なんて小さいんだ、自分」ってさらに立ち直れなくなります。(笑)

そしてもう一つ印象的なのが、下記の部分。

一瞬、松尾芭蕉の名句「松島や あぁ松島や 松島や」が思い浮かびますが(笑)、噛み砕いて考えるとすごく可愛らしいですよね。

眠れない夜、「好きな人に夢で逢えないかな」なんて考えてたらさらに眠れなくなる…
……あぁ、甘酸っぱい。

実際そんな恋には縁がない青春時代を送っていた私も、胸がキュンとします。(笑)

小さな恋のうた


モンパチを語る上でもう一つ欠かせないのが、こちら。

様々なアーティストにカバーされているため、ご存知の方も多いでしょう。

2007年にはドラマ「プロポーズ大作戦」の挿入歌として使われるなど、まさに青春時代の象徴とも言える名曲です。

もうどの歌詞を切り取っても名曲であることは間違いありませんが、特におすすめなのは以下の部分。

ありますか?
「夢なら覚めないで欲しい」と心から思うような瞬間。

もし覚めてしまったとしても、「永遠の思い出になる」なんて大切に思えるような瞬間。

うーん。
羨ましいですね、素敵な恋。(笑)

ひとりじゃない


こちらは上記の2曲よりも、やや大人の恋を歌ったラブソング。
結婚式でも使用されることが多い一曲です。

注目していただきたいのは、モンパチらしい爽やかなサウンドに心地よく乗ってくるラップパート。

「え、モンパチってラップもできるの!?」と思った方、残念。
こちらはSOFFetという男性グループによるものです。

しかしながら、お互いの魅力を引き立つナイスなコラボレーションですよね!



歌詞にはパートナーの存在をすごく大切に思う気持ちが現れています。

なんて素敵。
飾り気のないシンプルな言葉ですが、自身の存在が丸ごと認められるような暖かさがあります。

また、”もっと愛せるはず”という明るい未来を思わせる歌詞も魅力的です。

世の中の男性のみなさん、この曲で学んでください。
そしてきちんと伝えてくださいね!

そうすれば、ひとりじゃなくなるはず。(笑)

星の数月の数


筆者がオススメする、モンパチの隠れ名曲がこちら!
3枚目のアルバム「百々」に収録されている「星の数月の数」です。



先述の曲とは異なるメロウなサウンドも印象的ですが、注目していただきたいのは歌詞。
まさに至極とも言えるラブソングなのです。

うっかり聞き流してしまいそうな歌詞ですが、ここがすごい。

星の数ほど(つまりたくさん)、君を傷つけてしまうことがあるかもしれない。
でも、月のような愛(一つ=一途で大きな)愛を贈るよ。

という意味なのです。

具体的な数字や言葉を使わなくとも愛の大きさを伝える素晴らしい曲ですよね!

終わりに




以上、MONGOL800についてご紹介いたしました!

青春時代の淡い恋を思い出したという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

また改めてモンパチを聴きたくなったという方もいらっしゃるかもしれませんね!

モンパチはラブソングだけではなく、平和を思う曲や沖縄を歌った曲も豊富。
しかも、名曲揃いです。

老若男女問わず心を打つメロディや歌詞が多いので、この機会にぜひ聞いてみてくださいね。

当記事はUtaTenの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ