ケンダル・ジェンナー、2年連続でモデル長者番付トップに

昨年、2002年から14年間連続で『Forbes』のモデル長者番付1位を獲得していたスーパーモデルのジゼル・ブンチェンをついに抜き、モデル界の新たな女王となったケンダル・ジェンナー。このほどケンダルが、2018年度のモデル長者番付でも1位に輝いた。

これは2017年6月1日から2018年6月1日までに最も稼いだモデルをランキングにしたもの。1位のアメリカ出身のケンダル・ジェンナー(23)は家族と出演する人気リアリティ番組『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』の他にエスティローダーやアディダス、カルバン・クラインなどの広告塔を務めており、今年度は2250万ドル(約25億5千万円)稼ぎ出した。

2位は1300万ドル(約14億7千万円)でアメリカ出身のカーリー・クロス(26)がランクイン。カーリーは今年10月に実業家のジョシュア・クシュナー氏と結婚し、イヴァンカ・トランプ氏の義理の妹となった。カーリーもスワロフスキー、アディダス、エスティローダーなど数多くのブランドの広告塔を務めている。

3位は1150万ドル(約13億円)でアメリカ出身のクリッシー・テイゲン(33)がランク入りした。日本では知名度の低いクリッシーだが、歌手のジョン・レジェンドの妻で、言いたいことを好き勝手に言ってしまうストレートな性格とユーモアが人気である。クリッシーはテレビ番組『Lip Sync Battle』の司会を務めるほか、料理本などを出版している。

さらに同じく3位にイギリス出身のロージー・ハンティントン=ホワイトリー(31)がランクインした。俳優ジェイソン・ステイサムともうすぐ1歳半になる息子を育てるロージーは、最近ではビジネスウーマンとして活躍しており、ほとんどの収入を英老舗百貨店「マークス&スペンサー」で展開する自身のランジェリー、メイクアップ・香水のブランド「Rosie for Autograph」の売り上げから得ることになった。また5月には“美”に関するウェブサイト「Rose Inc.」を立ち上げ活躍の幅を広げている。

<5位以下のランキングは以下の通り>

5位:カーラ・デルヴィーニュ(26)1000万ドル(約11億3千万円)イギリス出身

5位:ジゼル・ブンチェン(38)1000万ドル(約11億3千万円)ブラジル出身

7位:ジジ・ハディッド(23)950万ドル(約10億7千万円)アメリカ出身

8位:ベラ・ハディッド(22)850万ドル(約9億6千万円)アメリカ出身

8位:ジョアン・スモールズ(30)850万ドル(約9億6千万円)プエルトリコ出身

10位:ドウツェン・クロース(33)800万ドル(約9億円)オランダ出身

ジゼル・ブンチェンが1位だった最後の年(2016年)は3050万ドル(約34億6千万円)で首位に立っていたため、今年のケンダル・ジェンナーの2250万ドルよりも多く稼いでいたことになる。ジゼルが仕事をセーブしたことが順位の変動を生む一因になったこともあり、モデルたちの世代交代ともいうべき時代がやってきたようだ。

(TechinsightJapan編集部 朝倉リリー)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ