【九州】幻想的な冬灯りイベント4選。インスタで話題の黒川温泉も!

じゃらんnews


黒川温泉 湯あかり

いよいよ冬到来、あたたかい温泉が恋しい季節がやってきましたね。
今回は、幻想的な明かりにうっとりして、あったかい温泉でほっこりできる人気の温泉地をご紹介。

黒川温泉の竹灯りや山鹿温泉の和傘オブジェ、嬉野温泉のランタンなど、この冬注目の絶景の灯りイベント情報をピックアップしています。

ぜひ気になる情報をチェックして、カップルのデートや家族旅行でフォトジェニックなお出かけを楽しんでみてくださいね。

記事配信:じゃらんニュース
1.黒川温泉 湯あかり【熊本県南小国町】
冬の夜の静かな温泉街を優しく見守る竹ぼんぼり。
黒川温泉 湯あかり雪景色とのコラボも美しい。徐々に竹あかりが見られる範囲も延びているという

日が暮れると温泉街を流れる田の原川を中心としたエリアに温かい竹の明かりが灯る。もともとは放置竹林から環境を守るためにスタートしたこのイベントも今年で7回目。川を渡して吊るされた竹あかりが照らす夜の清流や湯気は幻想的な光景。
冬灯りデータ

[開催期間]12月22日(土)~2019年3月31日(日)
[点灯時間]18時~21時
[料金]無料
黒川温泉 湯あかり
問合せ/黒川温泉観光協会
TEL/0967-48-8130
問合せ/黒川温泉観光旅館組合
TEL/0967-44-0076
住所/熊本県阿蘇郡南小国町黒川温泉
アクセス/大分道日田ICより1時間10分
駐車場/共同駐車場50台
「黒川温泉 湯あかり」の詳細はこちら
2.うれしのあったかまつり【佐賀県嬉野温泉】
大規模ランタン空間に出現の美肌の神様、白なまずに注目!
うれしのあったかまつり美肌の神様、白なまずの寝床を約5mの巨大なまずランタンや灯りで表現している

嬉野温泉の冬を盛り上げる灯りイベント。日没後、メインとなる商店街に灯籠やオブジェが並び、あたたかく歓迎してくれる。嬉野市体育館にはランタンアーティスト三上真輝氏と市民による「なまずの寝床」も登場!
冬灯りデータ

[開催期間]2019年1月26日(土)~2月11日(月・祝)
[点灯時間]夕方~(終了時間は灯りにより異なる)
[料金]体育館入場料(料金未定)
うれしのあったかまつり
問合せ/嬉野温泉観光協会
TEL/0954-43-0137
住所/佐賀県嬉野市嬉野町下宿一帯
アクセス/長崎道嬉野ICより5分
駐車場/50台(嬉野市体育館隣り)
「うれしのあったかまつり」の詳細はこちら
3.火流の彩【熊本県日奈久温泉】
願いを込めた灯籠に囲まれ、厳粛な気持ちで迎える新年。
火流の彩始まりは日奈久温泉開湯600年を迎えた平成21(2009)年

大晦日、日奈久温泉の繁栄を祈願して催される灯りのお祭り。温泉神社へ上る参道から神社までを6000本を超える竹灯籠に明かりが灯され、幻想的な雰囲気に。参道中腹の広場ではカウントダウンも。
冬灯りデータ

[開催期間]12月31日(月)、2019年1月1日(火・祝)
[点灯時間]20時~翌1時(雨天中止)
[料金]無料
火流の彩(ひなぐのいろ)
問合せ/日奈久温泉観光案内所
TEL/0965-38-0267
住所/熊本県八代市日奈久上西町日奈久温泉神社
アクセス/南九州西回り道日奈久ICより1分
駐車場/30台
「火流の彩」の詳細はこちら
4.第17回山鹿灯籠浪漫・百華百彩【熊本県山鹿温泉】
昔ながらの豊前街道を舞台に、和傘や竹が織りなす光の芸術。
第17回山鹿灯籠浪漫・百華百彩メイン会場でもある豊前街道は「美しい街並み大賞」に選ばれている

江戸時代の商家や蔵が立ち並ぶ豊前街道を和傘や竹を使ったオブジェが彩る冬の祭典。数千ものロウソクの灯りが別世界を演出。期間中、あったか屋台や八千代座での郷土芸能など山鹿の魅力を堪能!
冬灯りデータ

[開催期間]2019年2月の毎週金・土(2月1、2、8、9、15、16、22、23日)
[点灯時間]19時~22時(点灯は17時30分)
[料金]八千代座公演・山鹿風情物語1000円
第17回山鹿灯籠浪漫・百華百彩(やまがとうろうろまんひゃっかひゃくさい)
問合せ/山鹿温泉観光協会
TEL/0968-43-2952
住所/熊本県山鹿市豊前街道周辺、八千代座ほか
アクセス/九州道菊水ICより15分
駐車場/170台(豊前街道駐車場)
「第17回山鹿灯籠浪漫・百華百彩」の詳細はこちら

※この記事は2018年12月時点での情報です
※掲載している写真は、イメージ写真や昨年以前の様子となります。

当記事はじゃらんnewsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ