女子に人気の恋愛映画ランキングベスト10を大発表!



肌寒い季節は人肌恋しくなってしまうもの。タイミングよく恋をしたり、素敵な恋人ができたりすれば最高ですが、なかなかそうはうまくはいかない人も。せめて胸がキュンとなる恋愛映画を見て、心をほっこり温めたいものですね。

女子に人気の恋愛映画ランキング


今回はそんな気分のときに観たくなる、女子に人気の恋愛映画について独自調査を敢行。インターネットアンケートの結果をランキングにまとめて発表します!

1位:『サウンド・オブ・ミュージック』得票率9.8%
1965年に初めて公開され、これまでに何度もテレビでも放送されてきた名作映画『サウンド・オブ・ミュージック』が最も女子から人気のある映画という結果になりました。みなさんの中にも一度くらいは観たことがあるという方が多いのでは。

1位:『時をかける少女』得票率9.8%
2006年に細田守監督によってアニメ映画化された『時をかける少女』も同得票率で1位に。これまでに何度も実写映画化された作品ではありますが、ファンが多いのはアニメ版なのかも。ちなみに1983年に公開された大林宣彦監督による実写版の20年後を描いた作品になっています。

3位『レオン』得票率9.2%
12歳の少女と殺し屋レオンの純愛を描いた名作『レオン』(1994年)が3位にランクイン。不朽の名作として評価されることの多い恋愛映画で、多くの人がその恋愛の美しさと関係の切なさに涙してきました。まだ観たことがないという若い世代の女子たちにはぜひ一度は観てほしい!

4位:『プリティ・ウーマン』得票率8.5%
ロマンティックコメディとしてカテゴライズされることも多い『プリティ・ウーマン』(1990年)。やはり多くの女子が憧れるシンデレラストーリーでもあるわけです。実業家とコールガールという二人が恋に落ちていく様は特に女子たちの心を掴んで離さないようです。

5位:『耳をすませば』得票率7.2%
高畑勲監督によるスタジオジブリのアニメ映画『耳をすませば』(1995年)は5位に登場。こちらも何度もテレビで放送されているのでおなじみの作品ですね。中学生男女による淡い青春はきっとたくさんの人達が自分たちの中学生時代と重ね合わせ、感情移入したのでしょう。

5位:『図書館戦争』得票率7.2%
同得票率の5位にランクインしたもうひとつの作品は2013年に公開された『図書館戦争』。岡田准一さんと榮倉奈々さんが主演を務めた作品で、独特の世界観で繰り広げられる壮大な恋の行方は必見です。



7位:『ニュー・シネマ・パラダイス』得票率5.9%
1988年に公開された映画史に残る名作『ニュー・シネマ・パラダイス』も堂々のベスト10入り。恋愛はメインテーマとなっているわけではないため、恋愛映画とジャンル分けするかどうか悩んだ人が多かったのかもしれません。いずれにせよ超名作映画であることは間違いありません。

8位:『ちはやふる』得票率5.2%
2016年のアニメ原作映画『ちはやふる』が8位に数々の名作を抑えてランクインするという大健闘! 広瀬すずさん演じる綾瀬千早と、野村周平さん演じる真島太一のコンビは原作ファンも納得。競技かるたに没頭する青春劇と恋愛の側面を見事に表現した作品です。

8位:『図書館戦争-THE LAST MISSION-』得票率5.2%
5位にランクインした『図書館戦争』(2013年)の続編として2015年に公開された『図書館戦争-THE LAST MISSION-』も8位に入るという驚きの結果に。シリーズ2本続けて観たい作品ですね!

8位:『君に届け』得票率5.2%
椎名軽穂先生による少女マンガを原作にした実写映画『君に届け』(2010年)も同得票率で8位に。実写化してほしいという声が強かった同作品ですが、その期待に応え見事映画も大ヒット。約2時間の間に原作の名シーンや名ゼリフがたっぷりと散りばめられています。

11位以下の結果


11位:『舟を編む』
11位:『タイタニック』
13位:『世界の中心で、愛をさけぶ』
13位:『秒速5センチメートル』
15位:『ライフ・イズ・ビューティフル』
16位:『君の膵臓をたべたい』
16位:『四月は君の嘘』
16位:『オオカミ少女と黒王子』
16位:『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』
16位:『トワイライト~初恋~』

アラサー世代に人気な作品


今回の結果をアラサー世代に絞って見てみると、『時をかける少女』『パラダイス・キス』『秒速5センチメートル』『レオン』『耳をすませば』『プリティ・ウーマン』『サウンド・オブ・ミュージック』『舟を編む』『ちはやふる』などの作品が上位にランクインしていました。

どんな映画を「恋愛映画」とカテゴライズするかは作品を観る人次第であり、1位に輝いた『サウンド・オブ・ミュージック』について「名作だけど恋愛映画かというと微妙」という声も寄せられていました。

そのため人によってはこれらの作品も「全然恋愛要素がない!」と感じてしまうかもしれませんが、多くの人から支持されている映画であることは揺るぎない事実。気になった人はぜひチェックしてみてください!

WRITER毬藻練子 (まりもねっこ)

  • 執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_fox/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ