「本当に住みやすい街」第1位は… アルピー平子「媚びなさ加減に驚きました」

しらべぇ

2018/12/12 18:40




12日、「ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞 2019」発表イベントが東京都内で行われ、お笑いコンビ・アルコ&ピースの平子祐希、酒井健太と、タレントの磯山さやかが登壇した。

■現在新居を探している平子




現在、新居を探している最中だという平子は、「こちらにお呼ばれしたから言うわけではなく、上の子供が小学校に上がりまして、ちょっと家探しを考え始めた年だったんですね」と最初の挨拶で報告。

「高円寺で限定して探していたんですけど、こちらのランキングで、去年が1位が南阿佐ヶ谷だったんですよね。それを伺いまして、高円寺から南阿佐ヶ谷まで家探しの範囲が広がって、場所探しが0からになりました」と話した。

■ランキングトップ10は…


イベントでは、理想ではなく、実際にその地域で「生活する」という視点から、1都3県の中で「本当に住みやすい街」をランキングトップ10で発表。気になる順位は…

・1位 赤羽

・2位 南阿佐ヶ谷

・3位 日暮里

・4位 川口

・5位 柏の葉キャンパス

・6位 勝どき

・7位 南千住

・8位 千葉ニュータウン

・9位 小岩

・10位 矢向

となった。第1位に選ばれた「赤羽」は前年度3位。利便性が良く、庶民性もあり駅周辺の再開発計画によりさらに活気がある街になることが期待できることから、トップに選ばれたとのことだ。

イベントには、北区区長の花川與惣太(はなかわよそうた)氏も出席し、磯山から受賞トロフィーを受け取った。



■酒井「コンビで赤羽に住みたい」




「本当に住みやすい街」トップ10の発表を受け、平子は「ランキングの『いい意味』での媚びなさ加減に驚いております」と、ランキングの「ガチ」具合を称賛。

そして、「僕の中で、高円寺から南阿佐ヶ谷のほうまで範囲を広げたというお話をしましたが、赤羽のほうも考えてみようかということで、相当な広がりが(できました)ね」と話すと、会場では大きな拍手が起こった。

酒井も「こんなガチのランキングだと思わなかったです」と驚きを見せ、「コンビ揃って赤羽に住みたいなと」とまさかのプランを発表。「区長もいることですし、あとで住民票だけ移させてもらいます」と笑いを誘った。

アルコ&ピースの二人も納得の「本当に住みやすい街大賞 2019」。新居を探しているという方には、ぜひ参考にしてもらいたい。

・合わせて読みたい→陰陽師・食作家の園山まきえにアルピー平子イラつく 「ビンタされたことある?」

(文/しらべぇ編集部・野瀬 研人

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ