滝沢秀明「今回の決断は『さよなら』ではない」 自身の引退に言及

今井翼とのユニット「タッキー&翼」や、ドラマや舞台で長きにわたり活躍しながらも、今年いっぱいで芸能活動から引退することを表明している滝沢秀明(36)。彼が主演するWOWOW『連続ドラマW 孤高のメス』の完成披露試写会が12日に都内で開催され、滝沢はじめ主要キャストと監督が登壇した。そこで滝沢は今年の一文字を発表、その文字に込めた思いを明かした。

現役医師・大鐘稔彦氏によるシリーズ累計160万部突破の原作をドラマ化した同作で、滝沢秀明は主人公の外科医・当麻鉄彦を演じる。滝沢は「初めての外科医役で、非常に手応えがあって、やりがいがあって楽しい現場でした」と充実感をにじませ、演じた当麻について「自分の信念を持ってぶれずに前に進んでいく。男から見てもかっこいい生き方」「当麻みたいな大きな男になりたいですね」と印象を語った。他にも医師を演じる仲村トオル、工藤阿須加、石丸幹二も出席したが、仲村は「昨日1話を見たばかりですけど、オペ室の顔面偏差値の高さにびっくりしました。僕が患者だったらキョロキョロしちゃうな」とおどけて笑わせた。

患者役のベテラン俳優・長塚京三は今回20年ぶりに滝沢と共演した。当時滝沢は15歳ぐらいだったといい、長塚は「深く静かに一人で情熱を秘めている芸風は全然変わっていない。これは驚くべきこと(で素晴らしいこと)。15歳にして天性のものだと思う。今ではクールさに磨きがかかって、“歩く『孤高のメス』”と言いますか、20年前の(長塚が演じた)保護者のおじさんは嬉しいです」と俳優・滝沢を評すると、滝沢は「ドラマで初めて(長塚ら)大人の役者さんたちからお芝居の仕方を教えていただきました。年月が経ってこのドラマの打ち上げで一緒にお酒を飲んだときは感慨深いものがありましたね」としみじみ語った。

そんなドラマや舞台で長年演技に取り組んできた滝沢は年内で俳優業を引退し、ジャニーズ事務所の後輩の育成にあたることを公表している。滝沢は「今年の一文字は?」と聞かれて、「そうですね、いろいろありますけど、今回大きな決断をしましたので、『行』です。今回の決断は皆さんとの『さよなら』ではない。『さよなら』という言葉を僕は使いたくないので、『行ってきます』という意味で『行』という漢字一文字にしたいと思います」と胸のうちを吐露すると、満員の会場から大きな拍手が起こった。「とにかく大きな男になって…まあ、身長は無理ですけど」と笑わせて、「期待に応えられるような男になりたいです」と決意を見せた。

若手の工藤阿須加は、撮影の日々を振り返って「(滝沢と)現場でご一緒できたことは宝物です」と表現した。滝沢の思いは後輩にも引き継がれていくことだろう。

他に完成披露試写会には、山本美月、内片輝監督も登壇した。WOWOW『連続ドラマW 孤高のメス』は2019年1月13日22時スタート。全8話で第1話は無料放送。

(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ