メーガン妃「ブリティッシュ・ファッション・アワード 2018」に登場も、羽目を外しすぎたか

現地時間10日、英国ファッション評議会主催の「ブリティッシュ・ファッション・アワード」授賞式がロンドンにて行われた。ビッグセレブが多数集まった同授賞式にメーガン妃がサプライズで出席し、周囲をあっと驚かせた。

その年にファッション業界へ大きく貢献したデザイナーの功績を称える「ブリティッシュ・ファッション・アワード」授賞式。英国ファッション評議会(BFC、ブリティッシュ・ファッション・カウンシル)主催による同イベントは毎年12月に行われ、ハリウッドセレブらも多数出席することで知られる。

今年もデヴィッド&ヴィクトリア・ベッカム夫妻や、女優のペネロペ・クルス、ユマ・サーマン、モデルのケンダル・ジェンナー、シンディ・クロフォード一家らが「ロイヤル・アルバート・ホール」に足を運び、レッドカーペットで華やかなファッションを披露した。そしてこの日は、特別ゲストとして英王室メーガン妃がサプライズで登場、「ウィメンズウェア・デザイナー・オブ・ザ・イヤー」を受賞したクレア・ワイト・ケラーさんに祝福の言葉を述べた。

クレア・ワイト・ケラーさんは、フランスの老舗メゾン「ジバンシィ」のデザイナーで、女性として初めてアーティステックディレクターに就任した人物だ。今年5月に執り行われたヘンリー王子&メーガン妃の挙式では妃のウェディングドレスを手がけ、以降「ジバンシィ」はメーガン妃のお気に入りブランドとなっている。6月のエリザベス女王の公務に単独同行した際や10月のオセアニア公式訪問時など、“ここ一番”の勝負服としてこれまで度々愛用してきた。

メーガン妃は、そんなお気に入りブランドのデザイナーであるクレアさんを「明確なビジョンと創造力で、世界のファッションをリードする英国のデザイナー」と称賛、「私の新たな故郷であるこの地で、英国のファッションや英国出身のデザイナーの偉業を祝福できることは大変な栄誉です」と述べた。

栄えある賞を受賞したクレアさんは、突然現れたメーガン妃に驚嘆しながらも、「メーガン妃は素晴らしい女性です。妃と個人的に親しくなる機会が持て、(ウェディングという)人生の大きな節目に信頼を寄せていただけたことを光栄に思います」と妃を絶賛した。

またメーガン妃は時折、大きなお腹にそっと手を当てながら「長い付き合いの友人や、これまでお会いしたことのある懐かしい顔ぶれが一堂に会した今夜、皆さんにお会いできて嬉しいです。温かく迎えてくださりありがとうございます」とも述べ、自身のハリウッド時代を懐かしむ場面も見られた。

「ブリティッシュ・ファッション・カウンシル」のInstagramには、会場のフォトブースで撮影されたセレブらのプライベートショットが公開されている。メーガン妃も同ブースでクレアさんや英出身の女優ロザムンド・パイクとのスリーショットを撮影したようで、モノクロのブーメラン動画が公開されていた。そこに映る「ジバンシィ」のワンショルダードレス姿のメーガン妃からは、ロイヤルメンバーの雰囲気は感じられず、まるで芸能人のようだ。

フォトブースと言えばハリウッドのパーティー会場ではおなじみの光景だが、由緒ある英王室の一員がセレブに混じり撮影に応じるというのは前代未聞。英王室からお咎めがあったのかどうかは定かでないが、現在こちらの動画は削除されている。

ハリウッドの懐かしい顔ぶれやきらびやかなパーティー会場の雰囲気も手伝って、メーガン妃はつい“サセックス公爵夫人”から“女優メーガン・マークル”へと戻ってしまったのかもしれない。羽目を外しすぎてしまったメーガン妃、またバッシングの対象になることは避けられないであろう。

画像は『British Fashion Council 2018年12月10日付Instagram「HRH The Duchess of Sussex announcing @clarewaightkeller as the winner of the 2018 British Designer of the Year Womenswear Award at the BFC #FashionAwards.」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ