福山雅治の「なりきり写真」が斜め上すぎる 「かわいい」「シュール」と大反響

しらべぇ

2018/12/12 07:30


歌手で俳優の福山雅治が、長崎県内の離島の魅力を伝える動画が10日に公開され、福山が長崎の特産品などと同化しているシュールな映像に反響が寄せられている。

■福山雅治がナビゲーター


今年3月、長崎県は日本一の数を誇るしまの魅力を県内外に伝えていくことを目的とした「NAGASAKI BLUE ISLANDS PROJECT」(長崎ブルーアイランズプロジェクト)が始動した。

長崎出身であり、様々な場所で地元愛を語ってきた福山雅治がナビゲートを務めている。

■「島に、なりきる。」


福山は、役作りと同じく「なりきること」の重要性を語り「島に、なる。」と決意。第1弾の「体感、長崎の島」と題して公開したスペシャルムービーは、「壱岐の猿岩」、「対馬の浅茅湾」、「五島列島、蛤浜」など、多くの島の魅力と一体化している。
(画像は青いぜ!長崎BLUEISLANDSPROJECTのスクリーンショット)
現時点で、再生回数108万回を超えている。正直「一体化」といっても、スペースの空いた場所にいつもの福山の顔が浮かんでいる、またははめこまれている、といった印象だ。
(画像は青いぜ!長崎BLUEISLANDSPROJECTのスクリーンショット)

■動物、花、食べ物と一体化


そして10日、第2弾となるムービー「もっと長崎の島々に、なる!」が公開された。島を旅して長崎ならではの食材を味わったり、住民宅へお邪魔したりする様子が収まっている。

今回盛り込まれている福山の「一体化」映像だが…楽しみにしていたファンですら想像を超えてきたようで「ましゃ…さすがだわ」の声が多く見られる。たとえば…五島は世界に誇り幻の椿「玉之浦」になっている。ちなみに、髪の毛はめしべだ。



日本では長崎県の対馬にのみ分布するベンガルヤマネコの亜種「ツシマヤマネコ」とも一体化する。もはや福山だと言われても、信じるまでに時間を要する。



■「シュールすぎる」「か、か、かわいい」

(画像は青いぜ!長崎BLUEISLANDSPROJECTのスクリーンショット)
ウニに染まった福山には、違和感がないくらいの自然な仕上がり。これらの作品の数々には、多くの歓喜に溢れる声と製作する側の人への尊敬の言葉も見られる。

「花の中心で真顔のましゃ…シュールすぎる…」

「面白くて何回も見ているうちに特産の名前を覚え、行きたくなるというマジックにかかってしまった…」

「すべてにうまくマッチしている福山さんを制作した人、尊敬しますわ~」

「か、か、かわいい…雑なつくりと凝ってるやつのギャップも気になる 笑」

福山自身が構想を練り、5月と9月に現地で撮影を行ったという映像は、「五島列島篇」「対馬篇」「壱岐篇」の全3編で各5分ほどの動画に仕上がっている。ぜひすべてチェックしてみてほしい。

・合わせて読みたい→福山雅治と柴咲コウの小顔が際立つ? 超人気アーティスト集合写真がインスタに

(文/しらべぇ編集部・長谷川 瞳

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ