【保存】絶対崩さない!ベースメイクの裏ワザ3つ

beautyまとめ

2018/12/11 17:00

「朝バッチリメイクしても、お昼ごろにはファンデが崩れてる…」そんな女性は必見です!

SNSで話題になった「崩れないベースメイク術」裏ワザ3つをご紹介していきます!

裏ワザ①Twitterで話題になったプロのベースメイク術






崩れないベースメイクに必要なコスメ



  • 日焼け止め
  • 下地
  • パウダー
  • ファンデ
  • 霧吹き、またはミスト化粧水

崩れないベースメイクの方法

特に難しいテクは不要!

顔にコスメを塗る順番と仕上げに崩れない秘密があります。

順番は、日焼け止め→パウダー→下地→ファンデ→パウダー→霧吹きで水分を顔全体に→ティッシュオフで完成!

下地とファンデを汗に強いパウダーで挟み、仕上げに水分でお粉を固めることでメイク持ちをアップさせるのです。

裏ワザ②お粉おばけ



「お粉おばけ」は、いつものメイク方法にほんのひと手間加えるだけで化粧崩れを劇的に防ぐ方法です。

ルースパウダーをたくさんはたくので、メイク中お粉で真っ白になってしまう様子が、おばけのように見えるのでこのような変わったネーミングなんです。

もちろん、メイク後も真っ白というわけではないので安心してください。

手持ちのアイテムででき、時間もかからないので今日から早速実践することができますよ!

お粉おばけのやり方

【用意するもの】
  • クリームまたはリキッドファンデ
  • ルースパウダー
  • ミストタイプ化粧水
  • ティッシュ
【手順】
  • クリームまたはリキッドファンデをいつもの2~3倍厚めに塗ります。

  • 次にルースパウダーを、顔が真っ白になるほどしっかりはたきます。

  • ミストタイプ化粧水をまんべんなく顔に吹き付けてください。メイクがヨレないよう、顔から少し離してスプレーしましょう。

  • ティッシュを1枚顔にのせて、化粧水の水分をやさしく吸収させます。

  • 余分なファンデが取れ、これでメイクは完成です。

お粉おばけは、メイク後に化粧水をスプレーすることで、ファンデとお粉が肌にぴたっと密着します。

そのため、毛穴がきれいにカバーされて、時間がたってもメイク崩れしにくくなるんです。

裏ワザ③保冷材を使う

shutterstock_645404824

冷凍庫に1つは入っている保冷材。この保冷剤をメイクするときに使うことでメイクが崩れにくくなるのです。顔を冷やすと毛穴が引き締まるので皮脂の分泌を抑えることが出来るのです。また、化粧ノリがよくなるとも言われています。

(1)洗顔後、基礎化粧品を使う

メイクをする前にしっかりと顔の皮脂や汚れを落としておくのが重要。化粧水と乳液などの基礎化粧をしっかりと行いましょう。

(2)保冷材で顔全体を冷やす

保冷剤を使って顔全体を冷やすようにしましょう。特にメイクの崩れやすいTゾーンや、目元などは重点的に冷やすようにしましょう。手で触れてひんやりしていたら準備完了です!

(3)いつも通りメイクする

冷やした後はいつも通りのメイクでOKです。とっても簡単に崩れにくい化粧をすることが出来ます。

◆注意点◆

凍っていると冷たすぎるので、保冷材は冷蔵庫で保存するようにしましょう!

夜まで絶対キープ♡

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ