【保存】美髪を叶える♡SNS話題のヘアケア裏ワザ3選

beautyまとめ

2018/12/10 17:00

ツヤツヤ&サラサラを叶える美髪テク。

SNSで話題になった裏ワザヘアケアテクを3つご紹介します。

リバースケア


毛先から丁寧にブラッシングして、髪のもつれをほぐし、埃を落とす。頭皮も軽くブラッシングすると、汚れが浮きやすくなる。



髪全体にヘアオイル(ホホバオイルなどでもOK)をつけ、そのまま10~20分おいて浸透させる。

上からトリートメントをつけてヘアオイルとなじませる。



ヌルつきが残る程度に軽く洗い流してシャンプーをする。再びトリートメントをつけてしばらく時間をおき、洗い流す。



アウトバストリートメントをつけてからドライヤーでしっかり乾かす。濡れたままだとキューティクルが剥がれやすくなるので注意!

リバースケアを試してみた人の口コミ








温風と冷風を使った”ドライヤー”テク

髪にツヤが出る



そもそも髪の毛のキューティクルというものは、温風を当て続けていると開きっぱなしの状態になってしまいます。

そのため、温風のみで乾かした髪は、キューティクルが開いたパサパサの髪質になりやすくなっています。

そこである程度温風で温めた髪に冷風をあててあることをおすすめします。冷風の当たった髪はキューティクルが閉じて、髪の表面にツヤがでてきますよ。

コツとしてはしっかり乾いた髪に仕上げに冷風を当ててあげるようなイメージで、髪全体を冷やしていきます。こうすることによって、髪全体にツヤが出てきますよ。

髪のうねりが収まる



寝グセやもともとのクセのせいで、髪の毛がうねってしまい思うようにスタイリングできないこともありますよね。

そんな時には、まずはドライヤーの温風を使って、うねった髪の毛をブラシで挟んでストレートブローすることによって髪のうねりをストレートに矯正することができます。

さらに、矯正した髪に冷風を十分に当ててあげることによって、髪に矯正した形が形状記憶されます。そのため、再びうねるなどの髪のトラブルなく1日を過ごすことができます。

髪のボリュームを調整できる

ハチ張りさんなど頭の形を気にしている人の中には、両サイドのハチ部分などのボリュームをダウンさせたい方もいますよね。

そんな方は、ドライヤーの温風と冷風を交互にあてながら、ボリュームを出したくない部分を手でしっかりとおさえてあげることで、ボリュームをおさえることが可能です。

逆にトップの部分にボリュームを出したいという場合には、髪の根元を握って、根元部分に温風と冷風を交互に当てることによって髪の根元をたててボリュームをだすことができます。

さらにワックスなどのスタイリング剤をつけてあげれば、一度だしたボリュームが1日長持ちしてくれますよ。

セットが長持~ち♪


Mika Ijiriさん(@izimie)がシェアした投稿


髪の毛の主成分はたんぱく質です。タンパク質は熱によって柔らかくなり、冷えると固まります。

温風を当てて髪が柔らかくなっている時にスタイルを作ったら、最後に冷風で急激に冷やすとセットが固定して崩れにくい長持ちスタイリングに。

無印良品のホホバオイルで作る美髪ミスト

1
出典:muji


ボサボサ髪質がサラッとした美髪に!


用意するもの

  • ホホバオイル
  • ミネラルウォーターor精製水
  • 100mlスプレーボトル

作り方

  • スプレーボトルにミネラルウォーターor精製水を入れます。
  • ホホバオイルを数滴垂らします。
  • よく振って混ぜ合わせます。
以上!あっという間に、美髪ケアミストの完成です。このミストをタオルドライ後の髪にスプレーしてから乾かすと、びっくりするくらいサラサラになりますよ♡

注意すること

  • ホホバオイルは低温で固まるので、常温で保存すること。
  • ミストはなるべく早めに使い切ること。
  • 髪の長さや太さに合わせて、オイルの量を調整すること。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ