夏菜、5年ぶりの連ドラ主演で「バッシング女優」の異名を返上できるか?

アサジョ

2018/12/10 10:15


 女優の夏菜が来年1月10日にスタートするドラマ「ちょうどいいブスのススメ」(日本テレビ系)に主演することが明らかになり、5年ぶりの地上波連ドラへのヒロイン抜擢に驚きの声が上がっている。

「このドラマは、お笑いコンビ『相席スタート』山崎ケイの同名のエッセイが原作のラブコメディ。ある商社の総務部に勤める3人のイケてない女子が“ちょうどいいブスの神様”に導かれ、仕事も恋愛も上手くこなせる生きかた上手な女子を目指すというストーリーです」(テレビ誌記者)

その中で夏菜が演じるのは、“自己表現の下手くそなブス”中川彩香役。演じるに当たって夏菜自身は、「思ったことが口に出せない。内に秘めるタイプは、今まで演じたことがないタイプ。私にとっても挑戦しなくてはいけない役ですが、一緒に成長していける役なんじゃないかなと感じました」とコメント。演技だけでなく、バラエティ番組などで見せる夏菜の言動はかなり自由奔放。それだけに、今回のキャラ作りには苦労するかもしれない。

しかし、そんな夏菜がドラマで思ったことも口にできず、追い詰められたことがある。

「それは2012年に放送されたNHK朝ドラ『純と愛』に出演した時のこと。ドラマ『家政婦のミタ』(日本テレビ系)を手掛けたことでも知られた有名脚本家・遊川和彦氏が、週に一回撮影現場にやってきて『お前の技術はゼロだ!』などとダメ出しをされ、号泣。あまりの辛さにトイレに籠城した経験もあることを、以前トーク番組『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)で告白していました」(エンタメ誌ライター)

それ以来、朝ドラ史上、最もバッシングされたヒロインの異名をとることになった夏菜。以後、去年10月期のドラマ「ハケンのキャバ嬢・彩華」(朝日放送・AbemaTV)まで、連ドラに主演することもなく、女優を返上したのではないかと言われる時期もあった。

「今回のドラマでは、朝ドラ『純と愛』で共演した高橋メアリージュンも“融通が利かないブス”木原里琴役で出演しています。夏菜は言わずと知れた酒豪ですし、高橋もいけるクチ。当時の過酷な現場を知る二人が、意気投合して飲みに行くなんていうこともありそうですね」(前出・エンタメ誌ライター)

このドラマをキッカケに、今度こそトラウマを解消して欲しいものだ。

(窪田史朗)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ