ニット越しの ”着衣巨乳” で朝を独占、阿部華也子 初写真集は「曇りのち晴れ」

dwango.jp news


2016年4月からフジテレビ系の情報番組『めざましテレビ』に小野彩香の後を受け継いで7代目のお天気お姉さんとなった阿部華也子。

ニット姿で登場するや、推定Eカップのバストが大きすぎるとネット上で話題を集めた。現在は早稲田大学に通いながらお天気キャスターとして活躍中の阿部だが、その美貌から好きなお天気キャスターランキングの女性部門で1位を獲得するなど大人気を呼んでいる。そんな彼女が初めての写真集『Sweet Journey』(小学館)をリリース。その発売記念イベントが9日、東京・渋谷 HMV&BOOKS SHIBUYAで行われ、写真集の見どころや気になる今後の進路などを語ってくれた。



注目のお天気お姉さんが初めての写真集を発売したとあって、この日は多くの報道陣が集結。目の前に並んだ報道陣を目の前にして、思わず「初めまして(笑)」と茶目っ気たっぷりで記者たちに挨拶し、「こういう会見は慣れてないんですよ(笑)。お天気をやっている時は実際に4~5人のスタッフさんがいらっしゃいますが、今日はたくさんの方がいらっしゃってビックリしています」と驚いた表情を見せ、カメラマンのリクエストに気軽に応じていた写真撮影は「ぎこちなくてすみません(笑)。頑張ります(笑)」と反省の弁だった。

そんな彼女の初めてとなる写真集は、北海道、沖縄、大分(阿部の出身地)で3年間にわたって撮影されたもの。彼女の3年にわたる成長した姿をとらえながら、肌の露出はないものの、自慢のバストを強調したカットも収録されるなど、ファンならずとも見逃せない写真が目白押しだ。

ロケ地となった北海道、沖縄、大分の思い出話を「マイナスかもしれませんが、最後の大分で東京へ帰る飛行機が飛ばなくて大変な思いをしました(笑)」と苦笑いも、「北海道のご飯は美味しかったし、沖縄の海は最高に綺麗でしたね。それと大分ではリアル母校で撮影をしました。制服っぽい衣装だったので、17歳に戻った感じでしたが、コスプレですね(笑)」と撮影地の思い出を明かしてくれた。

具体的な内容として「今回はボーッとしているところをたくさん撮ってもらいましたが、表紙はいい写真を撮っていただいて感謝です。よく言えばナチュラルですね(笑)。それと今回はすっぴんの写真が2枚ほど載っていますが、かなり恥ずかしかったですよ(笑)」と苦笑い。そのすっぴんの写真は地元・大分の由布院で撮影したそうで「温泉に入ったんですけど、メイクがほぼ取れちゃって、そのまま撮ったんです。しかものぼせちゃって、目もあまり開いてない感じですよ。あまり見て欲しくないですね」と自虐的だった。

お天気で自己採点してもらうと「快晴というほどでもないし、素敵な写真集に仕上げていただきましたが、私としては伸びしろがある方がいいので、曇りのち晴れで(笑)。もうちょっと頑張ります!」とちょっぴり厳しめ。「いつもお天気を見ている方にはもちろん見て欲しいし、お天気をしていない顔をしていると思うので、その辺を見て欲しいですね」とアピールしていた。

もうすぐ訪れるクリスマスの予定を尋ねられると「仕事でロケですよ…」と淋しげな表情も、年末年始は「お休みが決まっているので、すぐ実家の大分に帰って目一杯実家にいようと思います。家族と過ごしますよ」とお正月が待ち遠しい様子。その阿部は、現在通っている早稲田大学を来年3月に卒業するが、気になる進路は「まだ決まっていませんが、希望としてはお天気だけでなく、スポーツや情報とかいろんな分野でお仕事を出来たらと思っています」と語ってくれた阿部に「芸能界で?」と問われて「そうですね」と答えていた。

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ