コタツで寝ると、身体が痛くなるのはなぜ? 『真相』を写した1枚に納得!

grape

2018/12/9 15:23


※写真はイメージ
寒くなると恋しくなるコタツ。1度入ると出たくなくなり、そのまま眠ってしまう人もいます。

わこまん(@isot_1227)さんもコタツで眠ってしまうことがあるそうですが、布団やベッドで寝るのとは違い、身体が痛くなってしまうのだそうです。

不思議に思っていたわこまんさんですが、家族から本当の原因を知らされてビックリしてしまいました。

コタツで寝た後に身体が痛い、本当の原因は…。

猫ちゃんが乗っていたから!

しかも、わこまんさんの家の猫ちゃんはサイズが大きめ。

身体が痛くなるのも納得の重さでしょう。

写真を見た人たちからは、「でっかい!本当に猫なのかな」「ただでさえ猫が乗ると重いのに、こんなサイズの子が乗ったら身体が痛くなるのも納得」などのコメントが寄せられています。

わこまんさんによれば、猫ちゃんは女の子で、子猫の時に岩手県の山奥で保護されたとのこと。

コタツに入って眠ると、もれなく『猫神様』のような猫ちゃんに乗られてしまう…身体が痛くなるのはつらいですが、猫ちゃんの愛を受け止め続けてほしいですね!


[文・構成/grape編集部]

当記事はgrapeの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ