さんま、M―1暴言騒動へのコメント「会社に止められてます」

 お笑いタレントの明石家さんま(63)が、自身がパーソナリティーを務める8日放送のMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」(土曜後10・00)に出演。会社の後輩にあたる「とろサーモン」久保田かずのぶ(39)と「スーパーマラドーナ」武智正剛(40)の暴言問題について「会社に止められてます」と説明し、発言を控えた。

 問題の発端は2日の「M―1グランプリ2018」決勝終了後の打ち上げ。久保田と武智が酒に酔った勢いで、インスタライブの動画で決勝審査員を務めたタレント・上沼恵美子(63)の審査姿勢を批判した。現在、動画は削除されているが、インターネット上で大炎上する騒ぎとなった。

 さんまは番組冒頭に「ラジオを聴いてらっしゃる方は、さんまがM―1のことをしゃべるんじゃないか」と切り出してから「しゃべらないようにと会社に止められてますんで。いらんことを言いそうだと。(発言すると)事が大きくなるので」と語った。

 「よしもと側に立つのか、上沼さん側に立つのかと…」と注目を集めていることを理解しながらも「俺は(M―1決勝も)見てないし」とM―1に関する発言を控えた。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ