たけし、M―1暴言騒動で久保田らの気持ちを代弁「自分が一番ウケていると思ってるから」

 タレントのビートたけし(71)が8日、自身がMCを務めるTBS系のニュース番組「新・情報7DAYS ニュースキャスター」(土曜後10・00)に出演。「M―1グランプリ2018」決勝の審査を巡り、昨年王者の「とろサーモン」久保田かずのぶ(39)と今年のファイナリストである「スーパーマラドーナ」の武智正剛(40)がインスタライブの動画で、審査員を務めたお笑いタレント・上沼恵美子(63)に暴言を発した問題について言及した。

 たけしは「俺は絶対やんないけどね、審査員て」と、自ら好んで審査員を務めるつもりはない様子。「現役の方がうまいって分かっているから」と、今の若手の実力をしっかりと認めた上で「時代が違うしね。漫才ブームと今の時代と全然違うし、ネタ違うし」と語った。さらにたけしは「お笑いなんか、審査員が判断しちゃいけないこともあるんだよね。好みだから」、とお笑いにおける審査の難しさについても吐露した。

 たけしは審査される側の心情も代弁。「昔、漫才コンクール出て、ひどい目に遭ったことあるけど、やっぱその当時の審査員恨むよね。あの野郎つって」と当時を振り返りつつ、「自分が一番ウケていると思ってるから、スゴい難しいよね」と、久保田らの言動について代弁した。

 続けてたけしは「だから俺、審査員やってくれって言われてもやらないし、あとフジテレビの『THE MANZAI』もチャンピオン決めるのやめさせちゃったもん。だって、審査員してるのが、俺が見ても面白くない奴だったもん。お前が人のこと言えるかってヤツがだよ?2軍や代打のヤツが『それはいけませんね』と言ったって、誰も許さないでしょ」と、安易に審査員を置くことに対しても警鐘を鳴らしていた。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ