いい人に見えてもアウト!恋愛対象外にするべき男性の特徴

愛カツ

2018/12/7 21:45


恋人がほしくて、「せっかく出会えた相手を、逃がさないようにしなきゃ!」と思っているあなた。

それはちょっと待ってください。

世の中には、あなたの未来の幸せのために、恋愛対象から外しておいたほうがいい男性もいるのです。

そんな男性の特徴と対処法を、事前にチェックしておきましょう。

これはやめとけ!恋愛対象外にするべき男性の特徴

■ 「女はこう!」という決めつけがはげしい

あなたのまわりには、

「女は全員、子供好きでお母さんになりたい生き物だ。子供が欲しくない女はおかしい」

「恋愛や結婚は、子孫を残すためにするものだ」

などと、やたら決めつける男性がいませんか?

今時、そんなに極端に女性を見下した男性いるの?と思うかもしれません。

しかし、平成も終わろうかというこの時代にも、「女はこうに決まっている!」という決めつけのはげしい男性に会うことが多々あります。

彼らのなかには、女性に優しくていい人そうなのに、アラサー・アラフォーなのに独身で、彼女もいないという方がすくなくありません。

しかし実際は女性を下に見るようなような考えを持っているため、女性から敬遠されがち……というだけなのです。

もしもあなたが合コンやお見合いパーティーでこのタイプの男性に出会った場合、最初は彼がそんな最悪な男性だと気付かないでしょう。

だからこそ、相手のことが分かるまでは安易に付き合おうと考えず、多少時間をかけて判断することをおすすめします。

もしも相手がこのタイプの男性だと判明してあなたから「お断り」すると、基本的に女性を見下している彼は、人が変わったようにあなたを罵倒してくるかもしれません。

しかし、ご安心ください。

そのような考えをしている限り、彼に大切な相手が現れることは、まずありません。

■ 女性の職業・資格などをやたら聞きたがる

現代は、結婚をするにしろしないにしろ、女性が社会に出てバリバリと働いているのはあたりまえの世の中となりました。

しかし、だからといって女性に「正社員なの?」や「看護師みたいな、一生安定して働けて食いっぱぐれのない資格とか持ってるの?」など、仕事や雇用形態のことばかりを集中的に質問してくる男性には、要注意です。

彼らはあくまで「共働きをして家計を支えてくれる女性」を探しているだけ。

彼らが仕事のことを聞いてくるのは、あなた自身に興味があるからでも、あなたの仕事に理解を示したいわけでもありません。

「正社員なら、産休・育休が取れるから、子供を産ませてなおかつ収入減もナシ!」

「看護師の資格を持っていれば、自分が働かなくても大黒柱になってもらえる」などという算段をしているのです。

このような場合、あなたが「いざとなったら私が稼ぐから!仕事も子育てもバリバリ頑張っちゃう!」

または「彼がヒモ志望でも、好きな人と一緒にいられればそれでいいの!」と考えられるなら、その自分の気持ちに従えばよいでしょう。

しかし、ほんの少しでも「私の収入、アテにされている……?」「この人は、一緒にいてラクをできる女を探しているの?」「男は仕事、女は家庭と育児と仕事全部頑張らなくてはならないなんて、不公平じゃない?」と感じるなら、彼を「地雷男」と判断して距離をおきましょう。

このタイプの男性は、女性に安定した収入や資格を求める一方で、結婚して子供が産まれると「子育ては女の仕事!」とばかりに育児も家事も全て妻に押しつけ、女性に多大な負担を強いることがあります。

■ 店員への態度が悪い

一緒に食事や買い物に行ったときに、お店の店員に上から目線だったり、タメ口や命令口調でものを言ったりなど、横柄な態度をする男性。

彼らと一緒にいると、思わず他人のふりをしたくなるほど恥ずかしいものです。

このような男性は他人である店員に対してだけでなく、次第にあなたに対してもおなじような対応をするようになる傾向があります。

「こんな横柄で態度の悪い人、無理!」と思ったら、その段階で恋人候補からは外しておきましょう。

ちなみに不思議なことに、このタイプの男性は自分と同じように店員をバカにしたり、見下したりするような女性と付き合うことがほとんどです。

「似たもの夫婦」という言葉がありますが、それなりに根拠があるようですね。

■ おわりに

この他にも、あらかじめ恋愛対象から外しておいたほうがよい男性には「金づかいが荒い・酒グセが悪い」などがあります。

これら全てに共通するのは、女性のあなたが一緒にいて、本能的に「こういう考え方・行動の人、無理!」と感じるかどうかです。

そういう相手と恋人同士になっても、あなたがどんどんつらくなるだけ。

不幸な恋愛にハマる前に、しっかりと見極めておきましょう。

(Nona/ライター)

(愛カツ編集部)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ