最新テックで足元ほかほか。まさかのジミー・チュウから!

カフェグローブ

2018/12/8 18:15


スマート化の波がハイファッションにも及ぶ時代となりました。

どこへ? 「ジミー チュウ」に、です。
20181117_jimmychoo_1
「JIMMY CHOO VOYAGER BOOTS」より、ロゴ入りシューレースを配したブーツ(ホワイト)235,000円(税別)。

スマホで操作、足ぽかぽか


無骨でマスキュリンな印象のコンバットブーツやアーミーブーツに、ファーポンポンを配したり、ロゴ入りシューレースを用いたりと、ジミー チュウらしいフェミニンな遊び心を加えた新作「JIMMY CHOO VOYAGER BOOTS」には、とある仕掛けが内蔵されています。

それは、スマートフォンのアプリでワイヤレス操作ができるヒートインソール
20181117_jimmychoo_2

スマートシューズ技術で世界を牽引する「ゾーテック」とコラボレートし、開発されたウェアラブルテクノロジーによって、25~45度に温度設定をしてシューズを温められるだけでなく、運動履歴のトラッキングも可能。

「VOYAGERの開発当初にフォーカスしたのは、とにかく機能性だったわ。靴にどんな機能を持たせたいか、みんなで意見を出し合ったの。足を温めてくれるブーツは究極の贅沢のようだけれど、本質を捉えれば実用的ということよね」(クリエイティブディレクター サンドラ・チョイ)

気になる履き心地は?


バッテリー搭載ということは、履き心地が懸念されるところ。バッテリーはシューズの外側に搭載されていますし、コンバットブーツやアーミーブーツはもともとある程度の重みがあるデザインなので、重量を感じることもなく、従来のジミー チュウのシューズと遜色はありません

これなら、真冬の外出だけでなくウィンターリゾートへの旅行においても颯爽と履きこなせます。もちろん、足元の冷え知らずで。
20181117_jimmychoo_3
「JIMMY CHOO VOYAGER BOOTS」より、ファーポンポンをあしらったブーツ。左は防水性バケッタレザーとシャイニーカーフのコンビネーション(ブラック)、右は防水性ヌバック(ネイビー)。ともに246,000円(税別)。

「VOYAGERは新たな分野での第一歩。ウェアラブルテクノロジーはまだ多くの可能性を秘めているわ」とサンドラ。今後の展開にも期待が高まります。

ジミー チュウ


電話:03-5413-1200

ジミー チュウ

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ