叶恭子「あなたも分かってないでしょ」 分かり合えない人間関係にアドバイス

grape

2018/12/8 17:42

友達、恋人、家族など人間関係を円満にする上で、相手の性格などを理解することは大切です。

しかし、中には相手のことが理解できずに「どうして分かり合うことができないのだろう」と思い悩んでしまう人もいます。

そんな「分かり合えない」状況を「ポジティブに考えて」と叶姉妹の姉・恭子さんはブログにつづっています。

叶恭子「分かり合えないということ」

「人はみんなそれぞれ違っているもの」と考えている恭子さん。

無理に相手のことを分かろうとすると「勘違いや互いの気持ちに温度差が生じ、不要なストレスを生んでしまう」と指摘しています。

『わかり合えないということ』
わかり合う
ということの難しさは
性別などのことだけではなく
日常のあらゆる関係性に
存在しています。
人は皆それぞれ
違うのですから
すべてを
不自然なまでに
わかり合おうとすることは
勘違いや温度差を
感じることなど
不必要なストレスになります。
叶姉妹オフィシャルブログ ーより引用恭子さんは、「無理に相手のすべてを理解しようとするのではなく、分かり合えないことを前提に考えるべきだ」といいます。

また、すべてを共感できなくとも、ベストを尽くすことで、自然と心地よい関係を生み出すことができるのだそうです。

あくまでも
ポジティブな思考で
そもそも
すべてをわかり合おうなどと
大それたことを考えずに、
むしろ
わかり合えないことを大前提に
考えてベストを尽くすと
自然で心地よい関係が
新しい可能性をうみだす
楽しさに変化します。
叶姉妹オフィシャルブログ ーより引用それでも相手のすべてを理解したと思っている人に、このようなアドバイスを行っています。

あなたのことは
あなたですら
まだわからないことが
あるのですから。
叶姉妹オフィシャルブログ ーより引用「自分のことを完璧に知っている人はいないのだから、相手のことを100%理解できなくても仕方がない」ということでしょうか。

恭子さんのアドバイスに、共感のコメントが寄せられていました。

・この格言を知るまで、分かり合えないことにさみしさを感じていました。いまは「なるほど」と、あっさり解決できました!

・分かり合う努力は必要ですが、分からないことがあるのは仕方ないことですよね。

・万人と分かり合うなんて大それたことですよね。行き詰っていたことの答えが少しほぐれました。

完璧を求めるほど、人間関係は行き詰ってしまうこともあります。

「分からないことも楽しむ」という恭子さんの柔軟な考えは、多くの人の答えとなったようです。


[文・構成/grape編集部]

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ