あおり運転の末に降車させられた男性 中から現れた男の「おぞましい行為」に悲鳴

しらべぇ

2018/12/8 17:30



(taka4332/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
北海道札幌市で、11月、あおり運転が暴行に発展するという痛ましい事件が発生。東名高速での事件が話題となっている中だけに、ネットからは「またあおり…」と嘆きの声があがっている。

■金属の棒で足を殴打


11月25日午後3時すぎ、北海道南幌町の自称とび職の男(43)は、札幌市北区の路上で、車両の走行方法でトラブルになった39歳の男性会社員を運転中にあおったという。

男はその後、男性の車の前に出て停車させたうえで車から降ろさせ、あろうことか金属の棒で足を殴ったそうだ。男は現在、容疑を認めているといい、警察では詳しい事情を聴いているとのことだ。

■「ただの障害事件」と怒りの声


この男の身勝手で非道な行為に、ネットからは「本当に愚か」「ただの障害事件」と怒りの声が相次いでいる。

・いくら走行トラブルでも、いきなり金属の棒もって出てくるとか頭おかしい。被害者の男性はさぞびっくりしただろうね

・短絡的な思考回路で暴走する人は本当に愚か

・これ、あおり運転ていうか、ただの障害事件じゃん

・あおられただけでも怖いのに、さらに殴られるとか恐怖でしかない

■「またあおり運転…」と嘆きも


また、昨今ドライブレコーダーの普及等もあり、その悪質な実態が世間の目に晒されることが多くなったあおり運転。それだけに、ネットからは「いい加減にして」「またあおり運転…」と嘆きの声が多くあがっている。

・これだけあおり運転のニュースが頻発していて、まだ出てくるんだ。本当いい加減にしてほしい

・あおり運転はこの事件みたいに暴行に発展する火種となるから、もっと厳しく取り締まるべき

・またか…。今年は耳にタコができるほど聞いたワードだな

・東名の事件もそうだけど、あおり運転てそれだけじゃ済まないんだよね。本当になくなってほしい

■4割弱「あおり運転被害アリ」


しらべぇ編集部が全国の20~60代の1,328名を対象に「あおり運転をされたことがあるか」調査を実施したところ、全体で35.0%の人が該当した。



たった一つの走行トラブルがあおり運転を生み、さらに暴行事件にまで発展した今回のケース。

自身があおる側に立たないのはもちろん、あおられた場合にどのように対処するべきかというシミュレーションを、日頃から行っておいた方がいいのかもしれない。

・合わせて読みたい→あおり運転死亡事故の直後に「はい、終わり」 ドラレコに残る発言が波紋を呼ぶ

(文/しらべぇ編集部・清水 翔太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年11月17日~2017年11月20日
対象:全国20代~60代の男女1,328名(有効回答数)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ