「厳島神社」観光で行きたい!おすすめのお土産&名物グルメ周辺スポットまとめ

じゃらんnews

2018/12/8 14:00


嚴島神社

世界遺産『厳島神社』へ開運パワーを求めて参拝したら、神が宿る島、宮島の表参道で絶景に浸りながら海産物グルメやお土産を求めてぜひ散策を!
今回は厳島神社へ観光に行ったらぜひ立ち寄りたい周辺の名物グルメやお土産のおすすめをご紹介します。

景色がきれいな高台のおしゃれなカフェや、広島名物牡蠣を堪能できるお店、もみじ饅頭を天ぷらにした宮島の新名物「揚げもみじ(R)」など、食べたら運気アップだけじゃなく、パワーもチャージできちゃうグルメがいっぱい。

新年に向けての参拝旅で気分もリフレッシュ!いいことありますように!

記事配信:じゃらんニュース
嚴島神社
寝殿造りの壮麗な社殿が建ち並ぶ名社へ。
嚴島神社海上にそびえる大鳥居。干潮時には歩いてくぐることも嚴島神社国宝指定の御本社には、三女神が祀られている嚴島神社住民たちに大切にされてきたニホンジカが島内各所に
創建は推古天皇元年。その後の1168年、平清盛により現在のような寝殿造りの社殿が造営された。廻廊で結ばれた社殿群は海辺に位置し、潮が満ちると海に浮かぶような佇まいに。世界遺産にも登録されている。

創建:593年
ご祭神:市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)、田心姫命(たごりひめのみこと)、湍津姫命(たぎつひめのみこと)
ご神徳:航海安全、商売繁盛、必勝祈願など

旅のしおり
宮島までのアクセス
電車:JR広島駅より宮島口駅まで30分。徒歩5分の宮島口桟橋からフェリーに乗って、宮島桟橋まで10分
車:広島岩国道路廿日市ICより宮島口桟橋の駐車場まで10分。フェリーに乗って、宮島桟橋まで10分

宿泊するなら
宮島には温泉リゾートホテル、料理旅館、国民宿舎など20軒ほどの宿が点在。中には海や大鳥居が望める眺望自慢の部屋もある。島内が満室の場合は、対岸の宮島口桟橋周辺の宿も検討リストに。
嚴島神社(いつくしまじんじゃ)
TEL/0829-44-2020
住所/広島県廿日市市宮島町1-1
営業時間/6時30分~17時30分(時期により異なるので要問い合わせ)
定休日/なし
料金/昇殿料大人300円、宝物館拝観料大人300円、共通割引券大人500円
アクセス/宮島桟橋より徒歩15分
「嚴島神社」の詳細はこちら
嚴島神社門前町【広島県・廿日市市】
神が宿る島、宮島の表参道で海産物グルメと海絶景に浸る。
嚴島神社門前町マップ
海辺に広がる荘厳華麗な社殿群が目を奪う、嚴島神社。本社正面の平舞台から海上に佇む大鳥居を望めば、ひんやりと神聖な風が吹き抜けた気分に。拝殿に手を合わせた後は、境内を彩る文化財の鑑賞をじっくりと。高尚な時間を味わい尽くしたら、いざグルメ散歩をスタートしよう。

外せないのは、嚴島神社と宮島桟橋の間にのびる宮島表参道商店街。地元名産の牡蠣や穴子を使ったグルメをはじめ、もみじ饅頭、民芸品などを売る店が、ずらりと賑やかに軒を連ねる。手軽なワンハンドグルメも揃っているので、各店を巡りながら思う存分食べ歩きを。ひとつ奥の通りに移動すれば、町家建築の風情ある町並みが続き、腹ごなしの散策に丁度よい。歩き疲れたら海を望むレストランへ。古くから島全体がご神体として崇められてきた宮島の、厳かな黄昏風景を美食と共にゆったり堪能したい。
1.紅葉堂 本店
揚げたて食感が絶妙な宮島新名物。
紅葉堂 本店店頭で揚げたてが食べられる「揚げもみじ®」は、サクサクふんわりの食感がやみつきになる紅葉堂 本店お土産に人気の「もみじ饅頭」は全7種の味が揃う紅葉堂 本店創業100年を数える老舗。同じ通りの2号店には「揚げもみソフト」も
宮島名物の「もみじ饅頭」には、2018年夏から瀬戸内レモン味がお目見え。もみじ饅頭を天ぷらにした「揚げもみじ®」は商標登録もされている店の看板商品で、地元客にも評判。
紅葉堂(もみじどう) 本店
TEL/0829-44-2241
住所/広島県廿日市市宮島町448-1
営業時間/9時~17時30分頃(季節により変動あり)
定休日/不定(要問い合わせ)
料金/揚げもみじ180円、もみじ饅頭90円
「紅葉堂 本店」の詳細はこちら
2.みせん
牡蠣を練り込んだ揚げかまぼこ。
みせん手作りにこだわった「もみじ天」は全6種類みせん「かきクリームコロッケ」なども人気の店
高級なハモを加えて甘みを出した魚のすり身に、牡蠣を練り込んでモミジ形に揚げた牡蠣の「もみじ天」は食べ応え満点。他に穴子やタコ、チーズなどがあり食べ比べも楽しい。
みせん
TEL/0829-40-2370
住所/広島県廿日市市宮島町593
営業時間/9時~18時
定休日/なし
料金/宮島名物もみじ天300円
3.ぺったらぽったら本舗
外はカリッ、中はもちもちの新食感。
ぺったらぽったら本舗甘辛い醤油タレがどこか懐かしい味わい。穴子入りもおすすめ
広島産のもち米とうるち米に、瀬戸内で育った牡蠣をのせて炭火焼きに。秘伝の醤油タレが染み込んだ「ぺったらぽったら」は、食欲をそそる香りと磯の風味、もちもち食感が絶妙。
ぺったらぽったら本舗
TEL/0829-44-2075
住所/広島県廿日市市宮島町北之町浜1183-2
営業時間/10時~17時頃
定休日/不定
料金/ぺったらぽったら(かき)320円
「ぺったらぽったら本舗」の詳細はこちら
4.牡蠣屋
牡蠣の旨みが詰まった贅沢むすび。
牡蠣屋見た目のインパクトも抜群。テイクアウトの他、店内でも味わえる牡蠣屋メニュー豊富な牡蠣料理の専門店
牡蠣の煮汁で炊いた釜炊きご飯のおにぎりに、大粒の「地御前カキ」の煮つけをトッピング。プリプリの煮牡蠣と、滋味豊かなかきめしの味わいをいっぺんに堪能できる一品。
牡蠣屋
TEL/0829-44-2748
住所/広島県廿日市市宮島町539
営業時間/10時~16時(季節により変動あり)
定休日/不定
料金/かきむすび356円
「牡蠣屋」の詳細はこちら
5.○錦本舗
蒸したてを店頭縁台で頬張ろう。
○錦本舗その時期に一番おいしい穴子を取り寄せて餡にしている。他に広島牛を使った「牛まん」も販売○錦本舗昭和30年代の饅頭店をイメージした、レトロな店構えも話題
大正元年創業の老舗旅館が生み出した新名物「穴子まん」は、ふっくらもちもちの白い皮の中に野菜がたっぷり。隠し味のゆず胡椒と穴子の上品な旨みが織り成す大人の味が好評。
○錦本舗(まるきんほんぽ)
TEL/0829-44-2131(宮島錦水館)
住所/広島県廿日市市宮島町1133
営業時間/10時~18時
定休日/不定
料金/穴子まん450円
「○錦本舗」の詳細はこちら
6.BACCANO
ジェラートとビスケットを一口で。
BACCANO全粒粉やオートミールを加えた甘さ控えめのビスケットでサンドBACCANO広島レモンやピスタチオなど、日替わりで18種が登場。香料、着色料は不使用BACCANO2階にはゆっくりできる和室のイートインスペースも
素材と味にとことんこだわった手作りジェラート店。18種並ぶジェラートの中から好みの味が選べる「ジェラートビスコット」は、ザクザク食感の自家製ビスケットが名脇役に!
BACCANO(バッカーノ)
TEL/0829-44-2880
住所/広島県廿日市市宮島町幸町西浜435-3
営業時間/10時~18時(12月~3月中旬は11時~17時)
定休日/不定
料金/ジェラートビスコット各400円
「BACCANO」の詳細はこちら
7.zakka ひぐらし
お土産に買いたい!愛らしい鹿デザインに一目惚れ。
zakka ひぐらしzakka ひぐらし国産小麦を使用し、宮島島内で作られたクッキー。箱入り1296円もありzakka ひぐらしzakka ひぐらし赤い鳥居にゴールドの鹿が映える、縁起のよいデザインが5種類1セット
「神鹿」として親しまれている宮島のシンボル、鹿をモチーフにしたクッキーは店のオリジナル菓子。雅楽をモチーフに広島のデザイナーが制作したポチ袋にも表情様々な鹿の姿が。
zakka ひぐらし
TEL/0829-44-0168
住所/広島県廿日市市宮島町589-4
営業時間/10時~17時
定休日/なし
料金/子宝バンビクッキー648円(5枚入り)、オリジナルポチ袋 雅楽486円(5枚入り)
「zakka ひぐらし」の詳細はこちら
8.沖野水産 直売所
生産者直売の新鮮な牡蠣をつるり。
沖野水産 直売所宮島の原生林から海へと流れるミネラルたっぷりの水が、おいしい牡蠣を育てる沖野水産 直売所45年の歴史を誇る牡蠣生産業者
牡蠣の生産業者が営む直売所。店頭で焼かれる「焼きカキ」の他、11月~3月には新鮮な宮島産の牡蠣をそのまま味わえる「生カキ」もおすすめ。濃厚な旨みをじっくり噛み締めて。
沖野水産 直売所
TEL/0829-44-2911
住所/広島県廿日市市宮島町553-31
営業時間/11時~16時
定休日/不定
料金/生カキ1粒300円
「沖野水産 直売所」の詳細はこちら
9.宮島ブルワリー
出来たてのビールと海絶景に酔う。
宮島ブルワリー迷ったら、Sサイズビールが3種楽しめるお試しセットを宮島ブルワリー窓際席では瀬戸内海の絶景が目前に!
宮島生まれの地ビールメーカー「宮島ビール」直営のレストラン。醸造所を併設し、出来たてのビールを穴子や牡蠣を使ったオリジナル料理と共に味わえる。1階にはビアスタンドも。
宮島ブルワリー
TEL/0829-40-2607
住所/広島県廿日市市宮島町459-2
営業時間/11時~20時45分(時期により変動あり)
定休日/木
料金/宮島ビールお試し3種スタンダード1080円
「宮島ブルワリー」の詳細はこちら
10.宿屋食堂&バー まめたぬき
ふわふわの蒸しあなごめしに舌鼓。
宿屋食堂&バー まめたぬき味付けご飯と穴子の蒲焼きを陶器の箱ごと蒸し上げる。柔らかな穴子に感激!
旅館「錦水館」の1階に位置する食事処。宮島名物あなごめしを蒸し焼きにした「穴子の陶箱飯」は、錦水館のオリジナル料理。穴子はふわふわで、最後までアツアツが味わえる。
宿屋食堂&バー まめたぬき
TEL/0829-44-2152
住所/広島県廿日市市宮島町1133 錦水館内
営業時間/11時~15時(LO14時30分)、17時~23時(LO22時)
定休日/不定
料金/穴子の陶箱飯1950円
「宿屋食堂&バー まめたぬき」の詳細はこちら
11.牡蠣祝
高台のカフェで宮島の美景に乾杯。
牡蠣祝「牡蠣屋のオイル漬け」を種類豊富なワインと共に。お土産用の瓶詰めは1個1300円牡蠣祝テラス席では瀬戸内海を背景に五重塔など宮島の町並みを一望
牡蠣料理専門店「牡蠣屋」が手がける「牡蠣屋のオイル漬け」のコンセプトショップ。古民家を改装した店舗は丘の上にあり、宮島の町並みを見渡しつつ美味なるひと時が過ごせる。
牡蠣祝(かきわい)
TEL/非公開
住所/広島県廿日市市宮島町422
営業時間/12時~16時30分(LO)
定休日/不定
料金/牡蠣屋のオイル漬け(イートイン)800円
「牡蠣祝」の詳細はこちら
12.伊都岐珈琲
香り高い自家焙煎コーヒーが評判。
伊都岐珈琲コーヒーとの相性を考えて作られたオリジナルのくりーむパン伊都岐珈琲挽きたての豆が香り立つ「カフェラッテ」。テイクアウトもOK伊都岐珈琲木目を活かしたシンプルなインテリアが心地よい店内で、小休止を
宮島生まれのスペシャルティコーヒー専門店。老舗旅館などにも提供している自家焙煎豆を使ったコーヒーは、歩き疲れを癒やすおいしさ。八天堂とコラボしたくりーむパンとご一緒に。
伊都岐珈琲(いつきこーひー)
TEL/0829-20-5106(伊都岐珈琲factory)
住所/広島県廿日市市宮島町420
営業時間/9時~19時(LO18時30分)
定休日/なし
料金/伊都岐珈琲オリジナルくりーむパン280円、カフェラッテ450円
「伊都岐珈琲」の詳細はこちら
13.豊国神社(千畳閣)
ここにも寄りたい!未完成のまま佇む約千畳の大経堂。
豊国神社(千畳閣)明治時代に秀吉と加藤清正が祀られ、「豊国神社」となった。国の重要文化財
豊臣秀吉が千部経を読誦するために建立を命じた大経堂。秀吉の死で工事が中止され、未完成のまま現在に至る。堂内は畳857枚分の広さがあり、柱に江戸時代の川柳も。
豊国神社(ほうこくじんじゃ)(千畳閣(せんじょうかく))
TEL/0829-44-2020(嚴島神社)
住所/広島県廿日市市宮島町1-1
営業時間/8時30分~16時30分
定休日/なし
料金/昇殿料大人100円
「豊国神社(千畳閣)」の詳細はこちら

※この記事は2018年11月時点での情報です

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ