D&G動画が大炎上で中国に謝罪。日本相手だったら謝罪しないかも/ひろゆき

日刊SPA!

2018/12/8 15:50



― ひろゆきのネット炎上観察記 ―

▼D&Gデザイナーが中国批判、ECサイト上から商品が消える

中国で開催予定だったドルチェ&ガッバーナ(以下、D&G)のショーが中止に追い込まれた。原因は、中国人女性が箸を使ってピザなどを食べる告知動画や、デザイナーがSNSのメッセージで「中国は無知で汚くて臭いマフィア」と発言していたことが判明したからだ。この情報は瞬く間に伝播。中国のECサイトからD&Gの商品が消える大炎上となった。

◆中国への忖度は必要だけど、日本への忖度が必要ない理由

世界的に有名なD&Gのデザイナーがネットでやらかしたことで、中国側が怒ってたった1日(※1)でD&Gの商品が中国のECサイトから消えて、ファッションショーも中止になる騒動がありました。中国政府は自国のECサイトもコントロールできる(※2)ので、上意下達がうまくいってるからだとは思いますけど、ものすごいスピード感ですよね。。。

そんなことを知ってか、D&G側もアカウントがハッキングされたと弁明して、デザイナーも自分の発言ではないとしているのですね。なのに、最終的にD&Gのデザイナーは、「こういったことは二度としない」と謝罪しています。。。これって設定の齟齬があるし、そんな適当なごまかしは利かないんじゃないかと思うんですけど、そんな先を考えられる思慮深いタイプなら、そもそも問題発言をしないわけで、行き当たりばったりの人なんだろうなぁと。。。

って感じの付け焼き刃的な行動が目立つ今回の炎上ですけど、世界の贅沢品市場は中国抜きでは成立しない状況になっているので、世界で贅沢品が売れているような企業は中国に忖度するしかないんですよね。

この一件でD&Gが中国市場を失うんじゃないか的なことも言われていますけど、個人的には一定期間が過ぎたら、そんなこともあったな、、、程度になる気がしています。そもそも今回の炎上の火種ってアジア人を小バカにする動画だったわけですけど、だからといって日本でD&Gの売り上げが下がった、みたいな話を聞かないですし。。。シーシェパード(※3)を支援しているブランド(※4)の不買を主張してる人はいるものの、影響力はあんまりないですしねぇ。。。

んで、仮にこれが日本を揶揄するものだったとしても、世界を相手にしている企業からするといまや日本市場はそんなに大きくないので、「日本で売れなくてもいい」と謝罪しないってパターンもあったんじゃないかなぁと思ったりもしますけど。

ってことで、これから世界で中国を悪く言うのが消えていくのかと思うと、経済力っていろんなことができるんだなぁ、、、と。まあ、ISとかの宗教絡みは別だと思いますが。。。

※1.たった1日

デザイナーの発言内容が判明した11月21日中に、ECサイトから商品が消えることに

※2.コントロールできる 中国では、インターネット上の情報も政府の管理下に置かれており、基本、中国製の検索エンジンしか使えないほど。その徹底ぶりはすさまじく、中国のネット上で習近平国家主席が「くまのプーさん」に例えられていることを知った政府が、ネット上からくまのプーさんを締め出すレベル

※3.シーシェパード

アメリカに本部を置く、海洋環境保護を目的とした団体。反捕鯨を掲げ、日本の捕鯨船に銃撃を行うなどして妨害したこともあり、ネット上では国際エコテロリストと呼ばれることも。ちなみに掲げている旗は、ほぼ海賊旗

※4.支援しているブランド

世界的にバス用品を販売する「ラッシュ」(ラッシュジャパンを除く)や、アウトドアブランド「パタゴニア」など

【西村博之】

元ニコニコ&2ちゃんねるの管理人。米国最大の掲示板サイト「4chan」の現管理人。フランス在住、たまに日本。「フランスはデモで道路を封鎖するのがはやっていたりするので、いつも通り引きこもっているのですが、デモのおかげかフランス人であるカルロス・ゴーンさんのニュースはそこまで話題になっていなかったりします」

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ