SUVテイストのシティコミューター「cross up!」が限定300台で登場!

IGNITE

2018/12/8 13:00


159万9,000円からラインアップを揃えるVWのシティコミューター「up!(アップ!)」は、輸入車ビギナーから小粋なセカンドカーを求める方まで、様々なユーザーにマッチするモデルだ。

全長3,610×全幅1,650×全高1,495mmのボディは扱いやすく強靭で、1トンを切る車重も軽快な走りにつながっていて、小さいながらもVWらしい品質と味わいをしっかり感じられる。



そんなup!に、SUVテイストで仕立てた300台限定モデルが登場した。

その名も「cross up!(クロスアップ!)」は、元気なup!がさらに元気に見える特別仕様車。上級グレードの「high up!」をベースに、アクティブ感を漂わせる特別な内外装が与えられている。



ボディカラーは、cross up!専用色の「コスタアズール・メタリック(限定200台)」と、「ハニーイエロー・メタリック(限定100台)」の2色展開。ここに、シルバーやブラックの専用パーツを奢ることで、コントラストとアクセントを効かせている。



具体的には、アンダーガードを備えた前後パンパー、ブラックのホイール&サイドモールディング、シルバーのルーフレールやドアミラーなどを採用。また、リヤ/リヤサイドガラスをUVカット機能付きのダークティンテッドガラスにしている。



実はこのcross up!では、ベースモデルから全長が15mm伸び、全高ならびに最低地上高も10mm上昇。up!としてもっとも大きな16インチの専用アルミホイールも採用している。



内装はスポーティなブラックで統一。専用のダッシュパネルやドアシルプレート、オレンジに光るアンビエントライトなどが特別感を演出し、前席にはシートヒーターも備える。



また、スマホ連携によってナビ機能やドライブデータ、音楽などを愉しめる“Composition Phone”やスマートフォンホルダー、リヤビューカメラなども標準装備する。



搭載するパワートレーンは、1.0Lの3気筒エンジン(75ps/95Nm)+シングルクラッチ式AT。JC08モード燃費は21.0km/L。

209万8,000円という価格は、ベースのhigh up!から12万4,000円アップに留まる。

(zlatan)

画像元:フォルクスワーゲン・グループ・ジャパン

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ