瞬間最高視聴率50%超え! チ・チャンウク主演、愛する人との絆を描く『笑って、トンヘ』

AbemaTIMES

2018/12/8 13:00


(C)KBS&KBS Media All rights reserved.

『ヒーラー~最高の恋人~』 、 『THE K2~キミだけを守りたい~』 といった作品で、クールで男性的な魅力を発揮しているチ・チャンウクが初めて主演した大ヒット家族ドラマ。養子としてアメリカに渡った母親によって育てられた主人公が、韓国で新たな愛を見つけるまでを瑞々しく演じている。

韓国で開かれるショートトラック競技に出場するため初めて故国の土を踏んだトンヘ(チ・チャンウク)。その横には母アンナ(ト・ジウォン)の姿もあった。トンヘはアメリカで出会い、結婚の約束までした恋人セワ(パク・ジョンア)との再会を楽しみにしていたが、仕事優先のセワは自分の代わりに友人ボンイ(オ・ジウン)を空港に行かせる。その後、セワをかばって交通事故にあったトンイは大けがを負って選手生命を絶たれてしまう。

(C)KBS&KBS Media All rights reserved.

フレッシュな女性主人公が、明るくけなげに運命を切り開くという設定が多かった連続ドラマ枠で、男性主人公に抜擢されたチ・チャンウク。ショートトラックのアメリカ代表という役柄のため、外見はたくましいが、母や恋人に対する心遣いはとても繊細で、間違ったことには断固抗議する勇気も兼ね備えているという理想の息子を好演している。選手としての夢を断たれて以降、韓国料理の調理師としての才能を発揮していくという展開もおもしろい。先輩たちと共演した人気ドラマ『ソル薬局の息子たち』で心優しい浪人生に扮したのに続き、平均視聴率が30パーセントを超えた『笑ってトンヘ』でも成功を収めたチ・チャンウクは、その後、堂々たる主演俳優となり、愛憎劇『青のピアニスト』や時代劇『奇皇后』など、多才なジャンルの作品に出演していく。


(C)KBS&KBS Media All rights reserved.

一方、留学中にトンヘとつきあっていた過去を捨て、御曹司ドジンと知り合ったことをきっかけに野心の化身となっていく新人アナウンサー、セワを演じているのは、ガールズグループJewelryを卒業後、ドラマ『私の男の秘密』などで俳優として活躍しているパク・ジョンア。後半に行くに従って悪行はエスカレートしていき、ドラマは徐々にドロドロの展開を見せていく。そんなセワを失ったトンヘのことを次第に愛するようになるボンイに扮しているのは『名前のない女』のオ・ジウン。ホテルの韓国料理レストラン調理師を明るく演じたこのドラマは、彼女にとっても出世作となった。そのほか、トンヘとボンイの働くホテルの社長の息子であるドジンを『バラ色の恋人たち』のイ・ジャンウが演じるなど、その後、ブレイクしていく俳優たちの若き日の姿が楽しめる。


(C)KBS&KBS Media All rights reserved.

ドラマが進むにつれてトンヘと母アンナの出生の秘密が明らかになったり、トンヘとセワの悪縁が思わぬ方向でつながったりと、盛りだくさんな内容で最後まで飽きさせない。

『笑って、トンへ』はAbemaTV【韓流・華流チャンネル】にて 12月10日(月) あさ8時より放送。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ