14 Issue : Tae Kakimoto(Student / Event Producer / Photographer)/柿本 紗(高校生/イベンター/写真家)

NeoL

2018/12/8 12:00



オトナになるという境界線は、公的には”20歳(もうすぐ18歳に引き下げ)”となっているけれど、もちろんその年齢になったからといって突然に精神が成熟するというわけではない。なんなら、20歳を超えてもまだオトナになりきれていな人はたくさんいるようだ。じゃあ一体”オトナ”ってなんなのか。確固とした定義は難しいけれど、自分だけの換えのきかない毎日をしっかりと歩むことの延長線上に、自分なりの答えが見つかるかもしれない。進路が少しずつ重きを増してきて、身体も気持ちも毎日少しずつ変化する14歳の頃、いま楽しく仕事したり生活している先輩たちはどんなことを考えて、どんなことをしていたんだろう。そんなファイルを作りたいと始まった「14歳」特集に、高校生活を送りながら自主企画のライヴイベントを開催している柿本 紗が登場。よく怒り泣いていたという、ほんのちょっと前のようで随分昔のようなあの頃を振り返ってもらった。

ーー14歳の時の自分を振り返って、客観的にみてどんな人物でしたか?

柿本「よく怒り、泣いていた。暗かった」

ーーその頃、どんな24時間を送っていたか円グラフに描いてみていただけますか。

NeoL_14_Tae_7

ーーでは、14歳の時に考えていたことを円グラフで描いてみていただけますか。

NeoL_14_Tae_8

ーー当時の思い出で、自分でもなぜかわからないけれど覚えているような些細な日常の出来事があれば聞かせてください。

柿本「塾の帰り道(23時くらい)にYogee New Wavesの"Climax Nihgt"を聴いてボロボロ泣きながら自転車をこいだ。塾の帰り道の住宅街にあるチープなイルミネーションを、こいでいた自転車を止めて写ルンですで撮った」

NeoL_14_Tae5

ーー14歳の時になりたかった職業は?

柿本「警察官」

ーーイベントを始めた経緯は?

柿本「音楽、ライヴハウス、人間好きが高じて、2018年6月末に自主企画に初挑戦しました」

NeoL_14_Tae6

ーーイベント開催や企画のためにおこなった努力はありますか?

柿本「お金がなくても現場に遊びに行く」

ーー自主企画イベントを始めてよかったことと、ちょっと辛いところがあれば教えてください。

柿本「私が知っている人にも、知らない人にも楽しかったって言ってもらえる時間を作れる。アーティストの方へのメールでのブッキングの文章を考えるときのハラハラは辛いです」

NeoL_14_Tae_2

ーー14歳の時に影響を受けていたり、大好きだったものや作品、人は?

柿本「山田詠美の小説『ぼくは勉強ができない』。SANABAGUN.のアルバム『Son Of A Gun』」

ーーいま14歳を生きている人たちに知ってもらいたい、もしくは知っていると楽になったり、役立ったり、楽しかったり、寄り添ってくれたり、道しるべになるかもしれない作品や物があれば教えてください。

柿本「池野詩織の写真集『BUBBLE BLUE』、映画『エンドレス・ポエトリー』、チャールズ・イームズの『Powers Of Ten』」

ーー最後におしらせやニュースがあれば。

柿本「年明けにまたイベントをやるかもです。”AT HEAVEN”という名前です。よろしくお願いします」

NeoL_14_Tae_3

NeoL_14_Tae_4

柿本 紗高校生/イベンター/少し写真https://www.instagram.com/daruatheaven/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ