草薙素子のビジュアル解禁『攻殻機動隊 SAC_2045』神山健治×荒牧伸志のダブル監督でNetflixが制作決定

SPICE

2018/12/8 10:40


Netflixは、新たなオリジナルアニメシリーズ『攻殻機動隊 SAC_2045』の制作を決定、2020年に世界配信すると本日12月7日(土)に発表した。

監督は神山健治×荒牧伸志が務める。制作はProduction I.G×SOLA DIGITAL ARTS。
左は神山健治監督、右が荒牧伸志監督
左は神山健治監督、右が荒牧伸志監督

発表と同時に、シリーズの主人公・草薙素子のビジュアルが解禁された。

『攻殻機動隊 SAC_2045』は、押井守監督の『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』『イノセンス』、神山健治監督の『攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX』シリーズ、黄瀬和哉監督の『攻殻機動隊ARISE』シリーズ、『攻殻機動隊 新劇場版』に続く最新作となり、フル3DCGアニメーションとなる。

神山健治×荒牧伸志の両監督はそれぞれProduction I.G×SOLA DIGITAL ARTSを率いてタッグを組む。Netflixでは同じ体制で2019年4月1日から新作フル3DCGアニメーション作品『ULTRAMAN』を配信することがすでに発表されている。

シリーズ初のフル3DCGアニメーションで、『攻殻機動隊 SAC』はどんなアップデートを見せてくれるか、今から期待が高まる。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ