『まんぷく』第60回 軍事裁判にかけると最後通告 その後、福子の元に…


女優の安藤サクラが主演を務めるNHK連続テレビ小説『まんぷく』(毎週月~土曜8:00~)の第60回が、きょう8日に放送される。

第10週「私は武士の娘の娘!」のラスト。福子(安藤サクラ)から萬平(長谷川博己)たちをいたわる手紙が届き、留置所にひとときの安らぎが。大阪経済界の重鎮・三田村(橋爪功)も進駐軍に直談判して後押しする。ところが進駐軍から無実の証拠がない限り、軍事裁判にかけると最後通告。萬平は「構わない」と覚悟を決める。その後、泉大津で待つ福子の元に再び進駐軍が現れ・・・。

連続テレビ小説第99作となる同作は、戦前から高度成長期の大阪を舞台に、「インスタントラーメン」を生み出した夫婦の知られざる物語を描くドラマ。青年実業家・萬平(長谷川博己)と妻・福子(安藤サクラ)は、何度も失敗してはどん底から立ち上がる“敗者復活戦”を繰り返した末に世紀の大発明へとたどりつく、人生大逆転の成功物語だ。

(C)NHK

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ