アニメ「どろろ」追加キャストに内田直哉、千葉翔也ら!新キービジュアル&第2弾PV公開!

ザテレビジョン

2018/12/8 00:30

アニメ「どろろ」の新キービジュアル、第2弾PVが公開された。また、追加キャストとして内田直哉、千葉翔也、大塚明夫、中村千絵が出演することが分かった。

アニメ「どろろ」は漫画界の巨匠・手塚治虫が送り出した未完の傑作。

醍醐の国の主である景光は、ある寺のお堂で 12 体の鬼神像に領土の繁栄を願い出た。それと引き換えに生まれた景光の世継ぎは身体のあちこちが欠けており、忌み子として捨てられてしまう。

数年が経ったある日、身体の一部を奪われた全身作り物の百鬼丸(CV:鈴木拡樹)は、幼い盗賊・どろろ(CV:鈴木梨央)と出会う。2人は、妖怪を退治しながら百鬼丸の身体を取り戻す旅をする。

公開されたキービジュアルは、寄り添って立つ、百鬼丸とどろろが描かれており、2人の未来を暗示するような空模様が印象的。

また、第2弾PVでは、スピード感のあるオープニングテーマ、女王蜂「火炎」が使用され、運命に翻弄されながらも生きていく姿が描かれている。

さらに、追加キャストとして、醍醐景光役の内田直哉、多宝丸役の千葉翔也、寿海役の大塚明夫、縫の方役の中村千絵の出演が決定。アニメ「どろろ」への意気込みを語ってくれた。

■ 醍醐景光役:内田直哉

今回、ご存知手塚アニメの代表作でもある「どろろ」に参加でき又、醍醐景光というインパクトのあるキャラを頂き、この上ない喜びを感じています。ぜひ、2019年版「どろろ」を少しでも多くの方々にも見ていただけることを切に願います。

■ 多宝丸役:千葉翔也

まさか手塚先生原作の作品に関わることができるとは思わず、心から光栄です。オーディション前に読んだ原作では、百鬼丸の背景の壮絶さに息をのみ、作品が持つ世代を超えて人の心を引きつける設定に、ただ感動しました。

多宝丸は少年でありながら、そうあることを許されない人物なので、その葛藤も表現したいです。今後も作品が人の心に残っていく契機になるように、長きに渡り愛してきた皆さまにも新鮮さを感じていただけるように頑張ります。

■ 寿海役:大塚明夫

まだ収録も序盤ではありますが、大変魅力的な作品なので完成が楽しみです。また、私演じる寿海もお楽しみください。

■ 縫の方役:中村千絵

大好きな手塚治虫さんの作品に出演が決まり、大変光栄です! 50年ぶりのアニメ化にあたり、縫の方の、母としての愛や苦悩を大切に私なりに演じたいと思います。

戦乱の世が物語の舞台、テーマは重いけれどアフレコ現場は、和気藹々でとても良いムードです。みんなで作り上げる最新の「どろろ」、幅広い年齢層の方々にお楽しみいただけたら嬉しい限りです。

アニメ「どろろ」は、2019年1月7日(月)よりTOKYO MXにて毎週月曜10:00 からスタートする。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/171933/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ