「アベンジャーズ」完結!“エンドゲーム”を映しだす衝撃の予告が到着

Movie Walker

2018/12/7 23:53

シリーズ全作が世界興行収入ランキングTOP10にランクインするという快挙を成し遂げた大ヒットシリーズ「アベンジャーズ」。その完結編となる『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』が、19年4月26日(金)に日米同時公開されることが決定。あわせて予告編が公開された。

最強の敵“サノス”によって、アベンジャーズのメンバーを含む多くの生命が滅ぼされてしまった、前作での衝撃のラストの続きを描いた本作。残されたヒーローたちは再結集し、サノスに立ち向かい、世界を救うため最後の戦いに挑む。

大ヒットシリーズがどのような結末を迎えるのか、最新作のタイトルや今後の展開を予想する様々な考察が日々飛び交っているなか、満を持してタイトルと予告編が解禁となった。前作は予告編解禁から24時間以内での再生回数が映画史上最多という記録をたたき出しており、今回それを上回ることができるのか、注目されている。

予告編は、サノスとの激闘に敗れたアイアンマンが「水と食料は4日前に底を尽きた。酸素ももうじきなくなる」「君の夢を見て眠るよMs.ポッツ」と、たったひとりで宇宙をさまよい、絶体絶命の状況に諦めを見せるシーンからスタート。そのころ地球では、キャプテン・アメリカとブラック・ウィドウが「うまくいくはずだ。もしダメならお手上げだ」と、この危機を脱却する“最後の作戦”について相談していたのだった…。

今回の映像では、前作で姿を見せることがなかった弓の名手、ホークアイが満を持して登場。新たなコスチュームで、手に持つ武器もまったく新しい刀に変わっているのが確認できる。そして、ブラック・ウィドウが映像のなかで彼に再会した場所には日本語の看板が多数あり、日本らしき街並みが広がっている。本作の監督を務めるルッソ兄弟も「今回のアベンジャーズは日本が舞台になる!」と正式に明かしており、日本でのますますの盛り上がりが期待される。ほかにも、苦悩するソーやハルク、そして戦いに勝利したサノスの影も。さらにアントマンがキャプテン・アメリカの前に現れるシーンも見どころだ。

タイトルの「エンドゲーム」が意味するのは“アベンジャーズの終わり”なのか、それともヒーローたちによる壮大な逆転劇が待っているのか…。世界を熱狂させてきたシリーズの、予想できない結末から目が離せない!(Movie Walker・文/編集部)

https://news.walkerplus.com/article/172033/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ