ASIAN KUNG-FU GENERATION & KANA-BOON「株式会社コエ」発掘の新人映像作家とコラボ

E-TALENTBANK

2018/12/7 21:00


12月5日に3年半ぶりのオリジナル・アルバム「ホームタウン」をリリースしたばかりのASIAN KUNG-FU GENERATIONと、12月19日に冬のミニアルバム「ネリネ」をリリースするKANA-BOONが、「株式会社コエ」とのコラボレーションにより、新作からそれぞれ3曲ずつ、6曲のMusic Videoを発表することとなった。

「株式会社コエ」は、数々の国内外有名アーティストのMusic Videoを手掛ける映像作家の関和亮が、グラフィックデザイナーのユキマユコと共に設立。KANA-BOONの全国デビュー時から数々のMusic Videoを手掛けてきた山岸聖太も所属するクリエイティブカンパニー。その「株式会社コエ」が開催した人材募集のための「オーディション」から、選考に残った6人が、それぞれ3人ずつASIAN KUNG-FU GENERATION、KANA-BOONのMusic Videoを、アーティスト公認で撮影することとなった。まだ無名のクリエイターが、第一線で活躍するバンドのMusic Videoを手掛ける本取り組み。「若い世代を積極的にフックアップしたい」という、コエと2バンドの想いが重なり合ってのコラボレーションとなっている。

今回制作される6曲のMusic Videoのうち、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの3作品は、これまでに「All right part2」や「踵で愛を打ち鳴らせ」といった楽曲でタッグを組んできた関和亮が監修、KANA-BOONの3作品は、6,000万回を超える再生回数を誇る「ないものねだり」ほか、『SHORT SHORTS FILM FESTIVAL & ASIA 2015』にて「シネマチックアワード」を受賞した「生きてゆく」など、KANA-BOONと共に数々の名作を生み出してきた山岸聖太が監修にあたる。

本日開設の特設サイトでは、全6作品の中から、まずはASIAN KUNG-FU GENERATION「UCLA」(監督:松永光明)、KANA-BOON「ネリネ」(監督:加藤秀仁)の2作品を公開。他4作品は追って公開される。

ASIAN KUNG-FU GENERATIONとKANA-BOONの楽曲が、新しい才能によってどのように映像化されるのか、是非チェックしてみてほしい。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ