安藤美姫、宇野昌磨は「本当に努力する選手」GPファイナル開幕でエール

dwango.jp news

2018/12/7 20:39


フィギュアスケート元世界女王の安藤美姫が7日、東京・ららぽーと豊洲で行われた「Sea Side アイススケートリンク」オープニングイベントに出席。カナダ・バンクーバーで開催した「グランプリファイナル」に出場する日本人選手に向けてエールを送った。

女子からは宮原知子選手、坂本花織選手、紀平梨花選手の3人が出場するが「6人のうち3人が日本。最強ロシアに戦いを挑むではないですが、対等に戦える国として日本は強い」といい、「3人のうち2人はオリンピックを経験している選手なので、全力で頑張ってほしい」と語った。



羽生結弦選手はけがの影響で出場を見送ったが、安藤は「けがとうまく付き合っていくポテンシャルを持った選手。応援することがいまの羽生選手にとって回復につながる。次の試合に臨んでほしい」とした。また初優勝を目指す宇野昌磨選手については「同じ名古屋出身。先生が違うのであんまり関わりはないですが、外から見ていて本当に努力する選手。音楽の表現について力を入れているので、本当に頑張ってほしい!」と力を込めた。

イベントでは、安藤は5組の親子に向けてスケート教室を実施。怖がらずに氷の上を滑れるようスケート初挑戦の子どもにアドバイスを伝授した。安藤は「みんな楽しいと言ってくれたのでよかった。言ったことをきちんとやってくれたので優秀。教えやすかったです」と笑顔で振り返った。

ららぽーと豊洲に期間限定で登場するスケートリンクは目の前に海が広がるのが特徴。12月7日から2019年2月17日まで。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ