彼氏への愛が冷めた理由。別れを考える前に確認したいこと3つ

カナウ

2018/12/7 18:30


彼氏への愛が冷めた理由。別れを考える前に確認したいこと3つ

「あんなに好きだったのに、なんでこんなに気持ちが冷めちゃったんだろう……」

どれだけラブラブでも、付き合いが長くなればこのような気持ちは誰でも経験します。

そういうときに、「どうして気持ちが冷めてしまったのか?」をきちんと理解すれば、相手への愛情を再燃させて、関係を長く続けさせることができるはず。

そこで今回は、大好きだった彼氏になぜ冷めてしまうのか、別れを考える前に確かめたいことを、心理カウンセラーの資格をもつ筆者がご紹介します。

彼氏への愛が冷めた理由1.彼氏からの「好き」が足りてない場合


「彼氏のことは別に嫌いじゃないけど、なんか異性として急に興味がなくなった」
と感じている女性は、彼氏からの愛情が不足しているのかもしれません。

「一緒にいて嫌な気持ちはないし、デートも頻繁にするけど……」
という場合、彼氏とは“恋人関係”ではなく“友だち関係”になっていると考えられます。

このような状態を脱するには、日常生活でさりげなく自分の好意を伝えることが効果的。

今さら、好きと言うなんて恥ずかしい……と考える人も多いと思いますが、難しく考える必要はありません。
あらためて告白することはないのです。

たとえば、
「そういう真面目なところがすてきだと思うよ」
「食べ物の好みが似ていてよかった」
というように、かなり間接的な言い回しで大丈夫なので、ぜひ伝えてみてください。

彼も、あなたに対する気持ちをあらためて思い出し、愛情表現をしてくれるようになるかもしれません。

彼氏への愛が冷めた理由2.将来的なことを話し合っていない場合


彼氏に「結婚を意識している」と言われれば、将来のビジョンをイメージしやすく、なにより安心感をもって彼氏と接することができます。

しかし、「とりあえず付き合おっか?」という感じで交際をスタートさせた場合、好意は安定しづらく、いつか冷めてしまうでしょう。

恋愛を長く、いい状態で続けていくためには、目標を設定することが大切です。

付き合いが長いほど、ちゃんと彼氏と向き合って、将来のことを真剣に話し合ってみてはいかがでしょうか。

男性は結婚を“責任”と考えているので、彼女と将来の話をしたがらない傾向があります。
それでも、粘り強く誠意をもって話し合う姿勢を見せれば、彼氏もその思いに応えてくれるかも。
むしろそこできちんと向き合ってくれない彼氏とは、どれだけ付き合っても結婚はできないかもしれません。

彼氏への愛が冷めた理由3.感謝されなくて不満がある場合


彼氏に日ごろから感謝されていない女性は、
「私がいて当然だと思わないで!」
「私はあなたのお母さんじゃないの!」
という不満を感じているケースが多いといえます。
またそれが、彼氏への愛情が冷めきってしまう原因にもなるのです。

付き合いが長くなると、「ありがとう」と言うのがおっくうになったり、恥ずかしく感じたりして、感謝の気持ちを忘れがちになるものです。
その結果、交際が終了するパターンはけっして少なくありません。

そのため、
「そういえば、感謝されないことに何度もイラッとしていたかも!」
と感じている女性は、自分から彼氏へ感謝の言葉を積極的に伝えるようにしましょう。

「いつもありがとう」
という言葉を投げかけられれば、彼氏も彼女のありがたさを再認識することができ、それほど経たないうちに彼氏から「ありがとう」と言ってもらえるようになります。

まとめ


愛情が冷めたと感じたからといって、すぐに「もう終わりかな」と決断してしまうと、誰と付き合っても関係は長く続きません。
マンネリや停滞期は、どのカップルにも訪れること。

彼氏に対する思いが冷めたときこそ、「恋を長く続けていくために」どのように行動するかが重要なのです。

(高萩陽平/ライター)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ