佐藤二朗「夢をあきらめた人を全力で理解する。だから…」 続く言葉に多くの人が涙

grape

2018/12/7 18:07

個性的な演技で人気の俳優・佐藤二朗さん。Twitterに自虐的なネタを投稿し人気を博しています。

そんな佐藤さんが、2018年12月6日にTwitterを更新。この日の言葉には、多くの人が感動の声を上げました。

佐藤二朗「やりたいことをやろう」

多くの人が持っている『夢』や『やりたいこと』。

若いころはガムシャラに頑張ることもできますが、ある程度年齢を重ねると将来を考えて『夢』をあきらめる人もいます。

佐藤さんは「やりたいことから身を引くことの大変さ」をよく分かっているのでしょう。

生活のために『夢』をあきらめたとしても、それは悪いことではなく「全力で理解する」「やりたいことを飲み込んだ勇気を100%称賛する」と佐藤さんはつづります。

だからこそ、やりたいこことをやっている佐藤さんは、「ちょっとやそっとのことじゃ引かない覚悟が必要だ」と自分自身をいましめ、改めて「やりたいことをやろう」と強く訴えました。

佐藤さんの強い思いに、共感の声が多数寄せられました。

・やりたいことをやり通すのも、飲み込むのも覚悟が必要ですよね。

・若者よ、失敗を恐れず進め!しかし、引き際だけは決めておきなさい。みんな頑張れ。

・いま、夢を追うべきか、現実を見るべきかで悩んでいました。背中を押された感じがします。

・涙が出ました。いろいろ飲み込んでやっていますが、頑張ります。

これから夢を追いかけようとしている人、やりたいことをあきらめた人、さまざまな人たちが佐藤さんの投稿に勇気付けられました。

夢を追い続けるのも、あきらめるのも、どちらを選んでも後悔することはあるかもしれません。

しかし、佐藤さんの言葉は「やりたいことをやろうする人」や「やりたいことをあきらめた人」の背中を、どちらも強く押すことができたのではないでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ