優香、時代劇で佐々木蔵之介の妻役「熱い男たちを支えられたら」


女優の優香が7日、東京・渋谷の同局で行われた正月時代劇『家康、江戸を建てる』(NHK総合 前編:2019年1月2日 後編:1月3日 両日21:00~22:13)の試写会に、佐々木蔵之介、生瀬勝久、千葉雄大、柄本佑、広瀬アリス林遣都、市村正親とともに出席した。

直木賞作家・門井慶喜の歴史小説初のドラマ化となる本作は、荒れ果てた寒村に「大都市・江戸」を立ち上げたドリーマー徳川家康と、家康の夢に人生をかけた熱き無名の男たちの感動作。前編「水を制す」は、現在の井之頭池から江戸城まで上水をひき、江戸中の人がおいしい水を飲めるようにした男たちの物語、後編「金貨の町」は、世界で初めて、装飾品ではなく流通する金貨である小判を生み出し、経済都市・江戸の礎を作った男たちの物語となる。

優香は、前編「水を制す」で、徳川家康(市村)から上水の整備を命じられた家臣・大久保藤五郎(佐々木)の妻・伊可として出演。「当たり前のように飲んでいる水が、こんなに大変な思いで作られていたんだなと、とても驚きました。ありがたく思っています」と語った。

また、「熱い男たちの友情や熱い気持ちをそっと支えられたらいいなと思ってやっていました」と藤五郎の妻役としての思いを説明。「撮影はすごい暑い中で…私はあまりロケに行く機会がなかったので涼しい顔して部屋の中にいることが多くて、男性の方は本当に大変な思いをしていました」と男性陣を気遣い、「生瀬さんと佐々木さんのやりとりを見て、本当に楽しくて、とても見どころです」とアピールした。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ