キュウソネコカミ 新曲「米米米米」と『前前前世』の関係

TOKYO FM+

2018/12/7 17:00

キュウソネコカミが、12月5日放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。パーソナリティのとーやま校長とあしざわ教頭が、この日発売されたニューアルバム『ギリ平成』の収録曲「米米米米」について制作時の苦労を聞きました。

この楽曲は、日本の農業を技術で応援する企業「クボタ」が実施する、お米への愛を伝えるプロジェクト『クボタLOVE米(ラブコメ)プロジェクト』のテーマソング。古くから日本の食を支えてきたお米に改めて光を当てたいという思いから、この曲を用いた特別映像も作られています。


【ラブコメで、LOVE米!?】クボタ LOVE米プロジェクト 特別映像「米米米米」

とーやま校長:「米米米米(べいまいべいべー)」のタイトル最高ですね。

ヤマサキセイヤ(Vo/Gt):最高ですよね!? 「漢字4文字流行ってるな~、いったろ!」と思って、『前前前世』からトりました。

あしざわ教頭:そこからトってたんですね(笑)。

とーやま校長:12月12日に、RADWIMPS先生がゲストに来るので伝えておきます。

ヤマサキ:わー!! インスピレーションを受けたってことですよ!

とーやま校長:さっき、“トった”って言いましたから。しかも、“盗む”ほうの“盗った”だからね。

キュウソネコカミ:いやいや!(笑)。



とーやま校長:この楽曲はどんな感じで作ったんですか?

ヤマサキ:正直に話すと、米の曲は打首獄門同好会の『日本の米は世界一』っていう曲がすごいんです。そこと離すのに苦労しましたね。

とーやま校長:少しでも似た香りがしないように……。

ヤマサキ:そうですね。自分たちはラブソングもあまり歌ったことがないんですよ。でもお米に対する愛を歌うことによって、ちょっと視点をずらしたラブソングが歌えるんじゃないかと思って、『米への愛を歌いまくろうぜ!』ってことで作ったのがこの曲です。

この日の放送では、ブースに米俵を用意。リスナーにおすすめの“ご飯のお供”を教えてもらい、白飯とともに試食しながら番組を進行しました。ちなみに一番「美味しい」の声が上がっていたのは焼肉のタレでした。

キュウソネコカミは、2019年1月から全国ツアー『DMCC REAL ONEMAN TOUR 2019 -Despair Makes Cowards Courageous- ~ギリ平成~』がスタート。さらに5月からは『試練のTAIMAN TOUR 2019』が控えています。詳細はオフィシャルサイト(http://kyusonekokami.com/)まで。

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2018年12月13日(木)AM 4:59 まで

スマートフォンでは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員に登録の上ご利用ください。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:とーやま校長、あしざわ教頭
放送日時:月~木曜 22:00~23:55・金曜 22:00~22:55
番組Webサイト ⇒ http://www.tfm.co.jp/lock/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ