櫻井翔・妻夫木聡・佐藤隆太の“サシ飲み”にファン悶絶

ザテレビジョン

2018/12/7 16:35

12月6日に放送された「櫻井・有吉THE夜会」(TBS系)に、俳優の妻夫木聡がゲスト出演。大人気シリーズ・櫻井翔の本気でサシ飲み企画で妻夫木と櫻井が語り合う中、サプライズゲストが登場。さらに番組がある企画を提案し、SNSも大いに沸いた。

櫻井が親友と呼ぶ妻夫木との出会いは、初めて出演したドラマ「天国に一番近い男」(2001年TBS系)の本読み顔合わせ。

隣の席に座っていたのが妻夫木だったため、「僕は元々(妻夫木の)存在を認識していて、『うわ、やっべ本物だ』って思って、確か僕から声掛けた。一番最初の芸能界の友達」と当時を振り返った。

実は妻夫木も同様で「芸能界入って、芸能人の友達って初めてできたのが櫻井ですからね」「親友だと僕は思ってますよ」と照れ笑いを浮かべながらも真面目に答える妻夫木に、櫻井は「あ、マジで!? ほらー!」と大喜び。

さらに妻夫木は「櫻井と番組に出ると一番どうしていいか分かんない。俳優ぶってる妻夫木みたいな状態を櫻井にマジ見られたくないし、『なに俺、櫻井の前で仕事してんの?』ってちょっと恥ずかしいっていうか(笑)。あれは櫻井だけだね、あの感覚になんの」と明かし、櫻井はデレデレに。

スタジオでVTRを見ていた有吉弘行が「なんでメロメロなんだよ、櫻井くんの方が!(笑)」とからかうと、櫻井も「好きなのかなぁ(笑)」と笑顔で返した。

その後も、妻夫木が高校1年生の時に2歳上の先輩にフラれ、駅で泣きながらギターの弾き語りをした思い出や、櫻井のメンバーへの意識がライバルではなく味方だと気付いてから一気に変わったという打ち明け話。

さらにはドラマ「池袋ウエストゲートパーク」(2000年TBS系)放送当時、個性派俳優・窪塚洋介と比べられることが多かったという妻夫木が「割と俺は無個性な人間だったから、やっぱ強いじゃん、(窪塚の)個性が。だからなんかそういうのはあったけどね」と告白するなど、ファンもん絶のエピソードが続々。

加えて、櫻井から撮影だと知らされずに呼び出された佐藤隆太を、妻夫木と櫻井がいじり倒すなど、撮影であることを忘れたかのように楽しむ3人へ、番組から3人旅を提案。

妻夫木が「えっ、マジで!? やってくださいよ!」と食いつくと、佐藤も「やって、やって!」と賛同。だが、櫻井だけは「俺忙しいから日帰りがいいな」と答えたため、「マジなんなの!? この嵐なんだ!(笑)」と妻夫木が大きな声を上げてサシ飲みは終了。

しかし、SNS上では予告が放送された時点から話題を呼び、番組放送中から終了した後も“妻夫木聡”、“サシ飲み”、“3人旅”がTwitterでトレンド入りするほどの盛り上がりを見せていた。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/171506/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ