二子玉川のクラフトビール「ふたこビール」のブリューパブ『ふたこビール醸造所』オープン!

IGNITE

2018/12/7 17:00


身近な街のクラフトビールと地域の食材を使ったこだわりフードはいかが。

二子玉川のクラフトビール「ふたこビール」の魅力を伝え、より多くのビールファンに「ふたこビール」を楽しんでもらうため、ふたこビールのブリューパブ「ふたこビール醸造所」を11月30日に開業。



ブリューパブでは、ふたこビールのラインナップやゲストビールなどのクラフトビールと、世田谷の「香取農園」の朝どれ野菜や二子玉川の老舗豆腐店「須田豆腐店」のお豆腐など、地域の食材を使ったこだわりメニューのほか、ブリューパブ内で醸造するスペシャルビールなども提供する(ブリューパブ内での醸造は来春より実施予定)。

ランチタイムには、トマトカレーやレモンクリームカレーなどの「名物ふたこカレー」を提供する予定。

■二子玉川の「ふたこビール」へ新たなスタート

ふたこビールは、2014年に二子玉川の商店街の一角で行われた「地域での街にあったらいいものをプレゼンする場」から生まれたビール。

「二子玉川の顔となるクラフトビールをつくりたい」、そんな気持ちを伝えながらまちづくりの仲間たちに賛同を得て2015年2月5日に株式会社を設立した。

「フタコエールで街にエールを送ろう!」の合い言葉のもと、まちから誕生した経緯やビールで人や街をつなぐことができるように会社名は「ふたこ麦麦公社」とした。



現在、ふたこビールは二子玉川をはじめとする首都圏を中心にデパートなどにてボトルビールを購入できるほか、クラフトビールを扱う飲食店各店にて飲むことができるが「ふたこビール醸造所」がオープンすることで、ふたこビールをきっかけに二子玉川にゆかりのある人も初めて来た人も楽しく交流してもらえる場ができ、“二子玉川のふたこビール”としての新たなスタートを切る。



■ビールコンセプト

代表ブランドである「フタコエール」をはじめ、地元の二子玉川で毎年行われる花みず木フェスティバルから誕生した「ハナミズキホワイト」など、ふたこ麦麦公社が製造しているクラフトビールを楽しめる。

スペシャルビールとしては、地域の焙煎所とのクラフトコラボとなるWOODBERRY COFFEE ROASTERSのコーヒー豆を使った、ここだけでしか味わうことができない限定醸造ビールも用意する。

更に、「旅するビール」と題して毎月世界各地の厳選したクラフトビールをゲストビールとしてお迎え。

・パイント 980円税別~      ・ハーフパイント680円税別~



■フードコンセプト

フードコーディネーター みなくちなほこ氏考案のふたこビールに合うおつまみを提供。

「ほっとする家庭料理」をベースに、世田谷の野菜農家「香取農園」の旬の野菜や、二子玉川商店街の老舗豆腐店「須田豆腐店」のお豆腐など地域の食材をふんだんに使ったメニューが並ぶ。

■インテリアコンセプト

建築家 三井嶺氏による昔からあるような暖かく親しみのある雰囲気と洗練されたモダンな雰囲気が融合した建物に、瀬戸内の鉄アーティスト 槇塚登氏の手作りテーブルと椅子を配置したシックでシンプルなインテリア。

ブリューパブ内に入ると目の前には大きなテーブル、左手にはブリューパブの顔となる醸造設備とビアタップが並ぶ。奥には、グループでも利用できるテーブル席を用意。男性にも女性にも楽しんでいただけるよう全体的にカジュアルな雰囲気を醸し出している。



■クラウドファンディングによる支援も募集中。

支援コースは、ブリューパブでのサービスやオリジナルグッズのプレゼントのほか、オリジナルビールを醸造するコースや多摩川でのピクニック支援のコースなどのユニークなコースも用意。

faavoクラウドファンディングページ:https://faavo.jp/tokyo23/project/3113



二子玉川のふたこビールと限定ビール、界各地からの旅するビールを楽しもう。

住所:東京都世田谷区玉川3丁目13番7号 柳小路 南角2階

営業時間:11:30~23:30(ラストオーダー 23:00)

ふたこ麦麦公社:https://www.futakobeer.com/

(MOCA.O)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ