死んだはずの娘と69年の時を経て対面した母(米)<動画あり>

きょうだいも皆他界し、子供もいないまま人生を過ごし老人ホーム施設に入居していた88歳の女性に、大きなサプライズが訪れた。69年前に1度だけ出産し、死んだと聞かされていた娘が生存していることが分かったのだ。長い時を経て対面した2人は涙を流して喜びを分かち合った。『NBC News』『Fox 5 NY』などが伝えている。

米フロリダ州のジェネヴィエーヴ・ピューリントンさん(88歳)は8人いたきょうだいに先立たれ、身寄りもない状態で同州タンパ北部にある老人ホーム施設で暮らしていた。実は、ジェネヴィエーヴさんは1949年の18歳の時に1度だけインディアナ州ゲーリーで出産した経験があった。ところが産んだ女児は死亡したと聞かされ、それを信じていた。

「子供に会わせてほしいと言ったのですが、死んだと言われてそれっきりでした。」

しかし女児は生きており、養子に出されていたのだ。現在、バーモント州リッチモンドでマッサージ・セラピストをしているコニー・モウルトロープさん(69歳)は、生まれてすぐに養母のもとで南カリフォルニアで育ったが、5歳の時にその養母が亡くなり、後にやってきた継母からは虐待を受けるなど辛い経験をしたようだ。自分が養女であることを知っていたコニーさんは、その頃から「本当の母親に会いたい」という気持ちを募らせていったという。

コニーさんの娘で、バーモンド州ストーの保険代理店で働くボニー・チェイスさん(50歳)は、「母は、5歳の時から実母が自分を救ってくれるのではと願ってきました。実母に会うことは長年の母の夢だったのです」と話す。そんな母親の切なる思いを知って育ってきたボニーさんは、昨年のクリスマスにあるプレゼントを思いついた。

それはDNA検査キット「Ancestry」だった。このキットは自分のルーツがわかるだけでなく、遺伝子鑑定結果をシステムに登録することで同じ遺伝子を持つ人を捜すことができる。このプレゼントを貰ったコニーさんはボニーさんとともに登録し、その結果ボニーさんは数人のいとこが存在することが分かった。そしてそのいとこを通して、会ったことのない祖母ジェネヴィエーヴさんの存在を知った。実母の存在がわかったコニーさんは、施設宛てに自分の電話番号を書いたカードを郵送し、ジュネヴィエーヴさんからの連絡を待ち続けた。そしてようやく9月8日、2人は初めて電話で言葉を交わすことができた。

「最初に、母は『私はあなたの母親だと思う』と言ってきたのです。実の母からの電話をついに受けて、それはもう信じられない気持ちでした。母は、私が最初に付けられた“マーガレット・アン・ミッチ”という名前も覚えていました。」

そして12月3日、コニーさんはバーモント州から母の住むフロリダ州の老人ホーム施設を訪れた。69年ぶりの対面となったジェネヴィエーヴさんとコニーさんは、笑顔で対面しながらもやはり感極まり号泣。同行したボニーさんも「みんなして泣いてしまいました。本当に会えてよかった」と感動し、ジェネヴィエーヴさんはすっかり成長した娘を抱きしめながら「まさか生きていたなんて」と喜びを露わにした。このDNA検査のおかげで、これまで孤独だったジェネヴィエーヴさんは娘と孫だけでなくひ孫とも繋がれるようになった。

AncestryDNAのスポークスマン、ジャスミン・ヒメネスさんは、「当社が、ジェネヴィエーヴさんと娘さんが出会えるきっかけをお手伝いできたことをとても喜ばしく思っております。69年の時を経て対面した2人が、これから素晴らしい家族関係を築かれることを願っております」と話している。

画像は『FOX 13 News - Tampa Bay 2018年12月4日公開 YouTube「Tears flow as 88-year-old finally meets daughter she thought had died in birth」』のサムネイル

(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ