指原莉乃、FNS歌謡祭後に急性胃腸炎でダウン

アイドルグループ・HKT48指原莉乃(26歳)が12月7日、自身のTwitterで、急性胃腸炎になっていたことを報告している。

指原は、12月5日に放送された音楽特番「FNS歌謡祭2018 第1夜」(フジテレビ系)に出演。広瀬香美とのコラボで「ゲレンデがとけるほど恋したい」や、AKB48の「NO WAY MAN」を披露し、元気な姿を見せていた。

しかし、指原はTwitterで「FNSおわりで急性胃腸炎になってました」と告白。番組出演前の元気な自撮り写真を掲載したが、この数時間後には嘔吐に見舞われ、体調不良だったと明かした。現在は「だいぶ回復しました。。」とのこと。

ネットでは「はやく良くなってー」「昨日ツイートなかったのはそれでかあ。心配」「これ以上痩せちゃうの?」「お大事に」と指原の体調を気遣うツイートが寄せられている。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ