GoogleとAmazonがAirPods対抗の無線イヤホンを開発中?

181207_airpods
Image: Zulkipli/Shutterstock.com

Apple党はAirPodsの進化も追いつつ検討…ですかね。

ワイヤレスイヤホンとして、非常に完成度の高いApple(アップル)の「AirPods」。そんなAirPodsの独走を許すまじと、Google(グーグル)やAmazon(アマゾン)が対抗のワイヤレスイヤホンをリリースするかもしれないんです。

著名アナリストが報告


今回の報告は、著名アナリストのミンチー・クオ氏によるものです。クオ氏がサプライチェーンから得た情報によれば、GoogleやAmazonは2019年後半にもAirPodsに似た製品をリリースするとのこと。どちらの会社も独自のAI(人工知能)アシスタントを開発していることから、どのように製品に絡めてくるのかも気になります。

でもAirPodsは来年以降さらに進化しそう


ただし、Appleも機能追加でこれに対抗。2019年の第1四半期(1月~3月)にはワイヤレス充電機能を、そして2020年には完全新デザインのモデルを投入することが予測されています。さらにAirPodsに「ヘルスセンサー」が追加されることで、より製品の完成度が高まるというのです。

耳から取得できる生体データといえば、心拍数や体温があります。心拍数はすでにApple Watchで取得できますが、AirPodsでも同じことができれば、イヤホンがヘルスケア製品へと進化するという重要な意味を持つはず。また体温が計測できれば、日々の健康管理にも役立つことでしょう。

AirPodsではその他にも、「Hey Siri」への対応や防水性能の追加が噂されています。一方で、Androidスマートフォン向けの「これだ!」という、定番ワイヤレスイヤホンを見つけるのが難しいのも事実。2019年はワイヤレスイヤホン市場がさらに盛り上がることになりそうです。

Source: 9to5Mac

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ