北海道 大雪、ふぶきに注意

日直予報士

2018/12/7 16:01

北海道は、きょう(7日)からあす(8日)にかけて、大雪やふぶきに注意が必要です。札幌では、午後3時までの積雪が17センチ。きのうの日中は全く雪がありませんでしたが、一気に雪景色になっています。

●広い範囲でまとまった雪

きょう(7日)は北海道付近を低気圧が発達しながら通過しています。このため、道内は広い範囲で雪が本降りで、沿岸部などで風も強まっています。このあと夕方までは広い範囲で雪が降り、各地でまとまった雪になるでしょう。夜になると低気圧に伴う雪雲は次第に東の海上へ抜けるため、オホーツク海や太平洋側の雪は夕方までがピークです。ただ、次第に冬型の気圧配置になるため、日本海側では夜も雪が降る見込みです。風も強い状態が続きますので、引き続き、大雪、ふぶきに注意が必要です。

●日本海側 土曜も大雪 さらにふぶく

そしてあす(8日)も北海道は冬型の気圧配置が続きます。日本海側では引き続き大雪に注意が必要ですし、きょう以上にふぶきに注意が必要です。というのも、きょうは湿った重たい雪が降っていますが、あすは真冬並みの強い寒気が流れ込むため、乾いた雪が降り、ふぶきやすくなるためです。見通しが悪くなりますので、車の運転などは十分にご注意下さい。あさって(9日)は、雪や風は土曜日よりも若干トーンダウンする見込みですが、日本海側は引き続き雪で、積雪がさらに増えるでしょう。また、この土日は強い寒気の影響で、最高気温でも各地で氷点下の予想です。大雪、ふぶきに注意するのはもちろんのこと、寒さ対策もしっかり行って下さい。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ